img20240509_21150169

著者 たかた イラスト 日向あずり

友だちになってから1年、
波乱の体育祭が幕を開ける
日陰男子と2番目ヒロインの
友だちラブコメ、第6巻!

目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想

 

あらすじ

『クラスで二番目に可愛い』朝凪海と俺・前原真樹は、初めて恋人同士で迎える夏休みに胸を高鳴らせていた。俺の誕生日も控えつつ、期末テストに9月の体育祭への準備も始まって。赤点を取ってしまった天海さんの補習も皆で乗り越え、いよいよ夏休み!いつものメンバーに加え、海のクラスメイト・中村さんと彼女の後輩・滝沢君も一緒に真夏の海水浴へ!滝沢君は中村さんに“先輩”以上の憧れを抱いているようで……?海とはふたりきりで花火をしたり、恋人同士の夏も満喫。一方の高校生活では体育祭も間近になり、同じクラスの天海さんと一緒に準備に追われる時間も増えてきて――。

(スニーカー文庫公式サイトより)

感想


前巻(1巻)のお話

前回の感想はこちらから

登場人物をまとめたりしているので、良かったら見て見てくださいね!




試し読みまでのお話

初めての恋人同士で迎える夏休みに胸を高鳴らせていた朝凪さんと真樹。イチャイチャ生活を続けていた朝凪さんは、会長から生徒会長を引き継いでもらえないかと頼まれて――というのが試し読みまでのお話。

ここからは少しネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。



体育祭と汚れたプライド

さて今回は二番目ヒロインと体育祭と夏休みな回でした!


恋人同士で迎える夏休みに胸を高鳴らせていた朝凪さん! 真樹とバカップルを続けていた朝凪さんは、中村さんと同時に、会長から生徒会長を引き継いでもらえないかと頼まれてしまいます!


みんなに相談して、真樹から「この話は受けてほしくない」と言われて断ることに決めた朝凪さん。そんな中で真樹は「もっともっと海との時間が欲しい」なんて思ってて。朝凪さんが生徒会長になったとしても生徒会室でも何かやりそうなんだよね…この2人。


「そうそれ。でも、この下はちゃんと『アレ』だから」
(152ページ 引用)


さて、中村さんが生徒会長を引き受けて、体育祭の組が決まり、いざ夏休み! 二取さんたちの別荘を借りた真樹たちは、中村さんたちも連れて海水浴へ。と言いたいんだけど、この2人、海言った瞬間、過激なスキンシップをし始めちゃって。


「……真樹、お前ってキャラの割に大胆なことするよな」
(164ページ 引用)


関くんもこんなことを言っちゃう始末。やっぱり朝凪さん生徒会長になった方が――。さてさて、バーベキューを楽しんだ真樹たち。中村さんと新キャラでイケメン新副会長の滝沢君を朝凪さんがくっつけようとする中、滝沢君が真樹たちに恋バナを!


どうやら滝沢君、中村さんに気持ちを伝えたいけど、上手く躱されているらしく、朝凪さんたちも誘って作戦会議に。陸さんのときもそうだったけど、この2人以外、拗らせすぎな気が…いや、それが普通?


「……ニナち、ごめん。私、ちょっとこれ返品してくる」
(221ページ 引用)


さて、今回400ページもあるので、真樹君の誕生日は割愛して。(ここの天海さんのプレゼントへの葛藤がラストにも繋がっていていいんだけどね? とくに今回はこの上の台詞が印象的で!!)


(真樹くんが来ている姿を想像して、自分に駆け寄ってくるところを想像して焦っちゃって返品しちゃおうとする天海さんがもう! 前巻ラストからの想いが強まっているのがこっちから見えるのよ。見えちゃうの! でも『親友』の『恋人』。怖いよ、恋って)


あ、長くなっちゃった。さてさて、朝凪さんと生徒会に協力して、天海さんが作っていたバックボードを手伝った真樹。体育祭が始まろうとする中、真樹の不穏な影が近づき、トラブルが勃発しちゃいます


「……簡単に言うと、ただの嫉妬かな。隠し撮りに関しては、本当に偶然というか、咄嗟のことだったけど」
(377ページ 引用)


ということで、ここからはネタバレすぎるので――と言いたいけど、言っちゃいます! 大山君、そんなやつだったのか! 見損なったよ!! 1巻からいて、隣の席で話してくれたいい子だと思ってたのに。冒頭からもうあれ?って思ったよ。


でも、ですよ! デモですよ! ここまで妬んでる子だとは思わなかった…。天海さんが抑えた言葉を発して終わったけど、もしこういう子が近くにいたんだとしたらと思うとぞっとしますよ。


ただこれの怖いことは本当になるかもしれないってことで。娘の真樹への誕生日に送るはずだった手紙を読んでしまった絵里さん。さ、前の巻に引き続いて怖い終わり方ですが、どうなってしまうんでしょう。


アニメ化も発表されて、次ラノにも選ばれて、盛り上がっているクラにか! 7巻はどうなっていくんでしょうか、楽しみですね! (アニメの大山君はどう見れば…)


以上、ラノ感でした!