img20231122_21024003


こんにちは、夕凪真白です!

今回は『このラノ2023』の文庫部門の感想と、投票した作品について語っていきたいと思います!

※ネタバレが含まれるので、知りたくない方はブラウザバック推奨です


目次1 ▯感想
 ・10位『探偵はもう、死んでいる。』
 ・9位『週に一度クラスメイトを買う話』
 ・8位『恋人以上のことを、彼女じゃない君と。』
 ・7位『僕らは『読み』を間違える。』
 ・6位『ステラ・ステップ』
 ・5位『透明な夜に駆ける君と、目に見えない恋をした。』
 ・4位『バスタブで暮らす』
 ・3位『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』
 ・2位『死亡遊戯で飯を食う。』
 ・1位『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』
 ・私が投票した作品
 ・協力者票について
 ・トップ10候補と言われてた作品はどこへ?
▯まとめ

 

感想


10位『探偵はもう、死んでいる。』


img20231101_20432636


第10位はたんもし! 『探偵はもう、死んでいる。』! え? たんもし、ほんとに言ってる? アニメ2期も決まっていますが、正直驚きが隠せません。

ラノベ関係者の推薦コメントから始まり、アニメ化までしたこの作品! 別作品枠で『夏凪渚はまだ、女子高生でいたい。』と『とある名探偵と助手のラブコメ的日常』があるにも関わらず、トップ10入!

やっぱりシエスタ人気はすごかった。協力者票0ですが、前回殿堂入りで空いた2枠が流れたんでしょう。個人的にはリル・リローデットの神回の8巻を推したい! いろいろ謎が明かされてきていて、11巻以降も楽しみなシリーズです。


9位『週に一度クラスメイトを買う話』


img20230224_05252207


第9位は、週に一度クラスメイトを買う話! ここから怒涛の新作ラッシュ! 今年のこのラノ、どうした? 新作は例年協力者票が多いですが、この作品は協力者票、WEB票ともに多い! それだけすごい作品と言えるでしょう!

1回、5千円。最初は誰でもいい関係だったけれど、一緒にいるうちに、辛さを埋め合い居心地の良い場所となっていく2人の距離感がたまりませんでした。正直、トップ10に入ってくるとは思わなかった! おめでとうございます。


8位『恋人以上のことを、彼女じゃない君と。』


img20231017_18462619


第8位は、恋人以上のことを、彼女じゃない君と。! 9位に続いて、刺激的な作品がランクインです! この作品はなんといっても大人な関係ですよ。フェアリーテイル(隠語)の独特なワードセンスもありながら綴られる大人な苦痛から逃れようとする2人の時間!

私のコメントも載せさせて頂いておりますが、2人の時間に酔いしれる! 3巻のあの終わりからどうなっていくのか、続きが早く読みたい1冊です。


7位『僕らは『読み』を間違える。』


img20231125_04340562


第7位は『僕らは『読み』を間違える。』! 今年のラノベといったら受賞作! この作品は、第27回スニーカー大賞《銀賞》受賞作です! いや、まさかこの作品もトップ10入するとは思ってませんでした。

有名文学作品から紡がれていく青春劇。果たしてどう読み間違えた関係を解いていくのか、楽しみな1冊がランクインです。


6位『ステラ・ステップ』


img20230131_00122343


第6位は『ステラ・ステップ』! MF文庫Jのディストピアな世界観にアイドルを誕生させた奇抜な作品が6位! 正直、私はもっと上の順位かなって思ってました…。後でも語りますが、1位に入れてます。

アイドルが戦争の兵器となった世界で、輝くアイドルの絆に、戦いに痺れる、応援したくなる面白さでした。


5位『透明な夜に駆ける君と、目に見えない恋をした。』


img20231125_04304090


第5位は『透明な夜に駆ける君と、目に見えない恋をした。』! 第15回GA文庫大賞《大賞》受賞作がこの順位! 正直、この結果も意外や意外!

盲目な少女との恋。読み進めていくうちに自然と涙が溢れてくる、最も不自由で、最も自由な恋の物語にきっとあなたも? 第5位でした。


4位『バスタブで暮らす』


img20231125_04295442


第4位はバスタブで暮らす! 今年のこのラノガガガ単巻枠も四季大雅先生の作品! もう私からは何も語りません! 面白いです!


3位『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』


img20230909_04150206


第3位は『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』! ロシデレ! 何と前回の5位よりもさらに順位を上げた! 正直、1位のあの作品の他に、既刊で何入れる?って言われたらこれしかないっていうまであります。

デレるアーリャさんが、可愛いことは言わずもがなですが、最新刊読んだ方は分かるでしょう! ついにアーリャさんが、と! 政近との恋はどうなっていくのか、有希との生徒会戦の行方は! アニメ化も決まり目が離せないシリーズです!


2位『死亡遊戯で飯を食う。』


img20230905_01115031


第2位は死亡遊戯! 今年の新作1位はやっぱりこの作品! 編集O氏の手腕はこのラノピカ一! この作品は間違いなく上位を獲ると思ってました。この作品の特徴はなんといっても幽鬼の非日常的な日常化したデスゲーム!

どうしてデスゲームをやるのか、キャラ1人1人にある中で、キャラがバタバタと死んでいく、それが淡々と描かれて入るものの、興味をそそられていく不思議な毒性があるMF新人賞の超問題作が堂々の2位でした。

ただ、この作品が1位じゃない!

そして、あの作品はやっぱりここまで、ランクインしていない――

つまり。


1位『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』


img20230922_22313379


そしてNo.1ラノベは――


お隣の天使様こと『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』!


天使様が、まひるんが、周と共に1位をとったぞ!!

見てるか協力者! お隣の天使様! 今年はまひるんも周くんもやりました! 夫婦そろってキャラ投票も1位! 付き合い始めた2人は止まらない! 止められない! 

誰が言ったか、このラノは協力者票がないと1位取れないと! (私です…)。発売から19年経って、初! 協力者票なしで1位!

アニメも素晴らしかったですよね! クソメガネの歌も良かった。まひるんのカバー曲も良かったよ。そして、2期やります! 今回、インタビュー記事あります! おめでとう、2人。おめでとう、天使様ファン! お前たちの努力が実を結んだぞ! お隣の天使様がなんと1位でした!


私が投票した作品


続いて、私が投票したキャラやイラストレーター、作品について語るよ! 

今回私は去年に続いて「協力者」として参加させてもらっています。このラノにも載っているので、よかったら参考にしてみて下さいね。

まずは、作品から――

私が投票した作品はこれだ!!!

まずは5位、『VTuberのエンディング、買い取ります。』です。

img20230628_17113052 (2)


推しのためにファンとしてやれることを。VTuberとファンの思いが歩み、救われていく、熱くリアルな物語に心揺さぶられましたね。VTuberの推しの引退。推しの炎上からの除名。去年はそれが多かった1年だった気がします。

そんな年に出たこれ、もう私の心に刺さりましたね。VTuberの推しがいる人に読んでほしい! 推しがいなくなってしまった人に読んでほしい。そう思って投票しました。

次は4位、『死にたがりのシャノン ドラゴンに食べられてみた』!

img20230204_01475016


この作品といったら何といっても死ねないシャノンの行動! 薬の実験に付き合ったり、トラップ地獄に入ったり、不死身になった魔法使いが死ぬ方法を求めて、トラブルに突っ込んでいく、自ら死に行く旅にワクワクさせられましたね。勢いで投票していました。

次は3位! 『恋人以上のことを、彼女じゃない君と。』

img20231017_18462619


一昨年はアリナ・クローバーに命を救われ、去年はブラック企業にいた新浜の誠実な思いに溶け、今年はこの2人のラフな関係に酔わされました。社会人生活を続けているといろいろあるんですよ。卑猥な隠語もあるけれど、この2人の関係が私の心を包んでくれていたようで、3位に投票しましたね。

文庫部門8位ということで、社会人もの、来年ももっと増えてほしいです。

第2位は『君と紡ぐソネット ~黄昏の数学少女~』です

img20221101_00004333


神様少女のアドバイスで数学力を上げ、少女たちとぶつかっていく、スポ魂のような数学な青春が熱かった! 131ページにも書いてあるんだけど、数学用語はあるけどちゃんと解説してくれて、読みやすいんですよね。

最初はフライ先生のイラスト見て購入したこの作品でしたが、気づいたら3周してました。この作品を私が入れなくて誰が入れると、そう思って投票していましたね。

そして、私が選んだ第1位の作品は――

img20230131_00122343


『ステラ・ステップ』です!

アイドルをこの世界に入れる発想は私にはなかった!

マクロスFや、すかすかなど、一部戦争という部分に女性や兵器が加担するものは多々あれど、アイドルな少女たちが使い捨てられ、頑張れば頑張るほど記憶も夢も消えていく残酷な世界観と、舞台で輝いていく少女たちの愛と絆を見れる作品は見たことがない。

これが投票の決め手でした。協力者票のところでも書きましたが、ダークファンタジー好きな方に読んでほしいと思い1位に決めました。


続いてはキャラクター!

女性キャラ。

1位。一ノ瀬涼風(なーんにもできないギャルが唯一できるコト)
2位。クロエ(最強英雄と無表情カワイイ暗殺者のラブラブ新婚生活)
3位。シャノン(死にたがりのシャノン ドラゴンに食べられてみた)

男性キャラ
1位。篠原緋呂斗(ライアー・ライアー)
2位。ジェイド・スクレイド(ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います)
3位。原田伊織(君と一緒にごはんが食べたい)


今回は男性キャラはカッコいいと思ったキャラを、女性キャラは1位は新作投票で最後まで5位に入れるかなやんで、2位は笑っちゃった枠、3位はシャノン枠でいれてます。

とくに一ノ瀬涼風と篠原くん! 一ノ瀬さんはというか『なーんにも』は最後まで5位に入れるか迷ってました。篠原くんは言うまでもないよ、もう最終巻だよ、今日で!! 

入れなくてどうするんだよ、ってことでいれてます。ほんとに最終巻なんだよ…。(良かったら登場人物まとめてるので、ぜひ…宣伝)

続いてはイラストレーター!


1位。sune(可愛ければ変態でも好きになってくれますか?)
2位。konomi(きのこのみ)(ライアー・ライアー) 
3位。フライ(弱キャラ友崎くん)

イラストレーターは毎年変わりません。私が推している作品のイラストを描かれている方を順に、投票させていただきました。もうこれは私のことを知っている方なら予想できたのではないでしょうか。

今回投票した作品、キャラクターなどは以上です。他の作品もかなり迷いましたが、5作品に投票しました。なぜ投票しなかったのかは、コメント等があればすぐお答えします。


協力者票について


今回も協力者の方、全員の投票した作品が分かって、公平性という部分でも、満足できる形にはなっていたんじゃないかなって思いました。

ただ、予想でも言ったんだけど、今年はガガガの単巻枠含め、争いに争った。これが今回7作も新作がトップ10にランクインしてしまった結果だと思ってます。

正直言っちゃいますが、これが面白い1位にする!という作品が例年に比べてもなかったんですよね…。

それだけ拮抗状態になってしまっていたんです。投票結果を見ただけの方は言うかもしれません。

やっぱりこのラノは協力者ありきなクソ投票だなと。

違います。そうじゃないんです。だったら協力者票0の天使様が1位になってないんです。それだけは分かって頂きたい。

ただ、今回の配分は協力者票に寄っていたのでは…? と思うところもしばしば。ここはWEB票を見て頂ければ分かるかもしれないけど、単行本に上位が集中してしまった影響や、投票する人が減ったからではとしか言えません。

タイトルにも書いたけど、今年は1位以外、まったく順位が読めんかった!


トップ10候補と言われてた作品はどこへ?



正直今回は予想が難しすぎましたね。新作7作って誰が予想できるか! 私、順位まで当てたのは2作品で、順位外しは4作品でした。それくらい難しかったんです。(去年は8作品的中)。

ただその中でもトップ10候補と言われてた作品がありました。それがこれ!

img20231107_23030445


クラにか、ですよ! まさかの21位…。去年対象外だった『青春ブタ野郎』シリーズやダンまちが入ったことで全体的に変わってますが、トップ20にもならずでした。

10代、20代投票ではトップ10なので周知されているはずなのですが、どうしてこうなったのか、私が知りたいです。また、『スパイ教室』と『義妹生活』もランキング落ち。10位も下がってます。

義妹生活に関してはWEB票が半分になっているので、全体的なWEB票の減少があったという他ありません。前回から2000人減ってますからね…。それゆえにニッチ票になってしまったのが原因かな…と。

正直、今回の結果で協力者票がなくても1位が取れる。ということが確約されたという事実は大きいでしょう。ただし、来年はもう1作品がすでにトップ10入すると言われてます、『誰が勇者を殺したか』のことですが、これがどうなるか

次回から、どんな作品が1位になるのか。ランキングが毎年変わりうるという意味で楽しみが増えるこのラノになったんじゃないでしょうか。


まとめ


というわけでこのラノ2024の感想でした。

私自身、今回は新作が7作品という前年の反対の結果(2023は新作が3作品)で驚いたランキングでした。今回も絶対5作品投票しなければいけないことになって、前回が2作品殿堂入りしたことでWEB票がバラけ、WEB票が減って、協力者は増えたことで、ランキング自体が新作に偏った印象がありましたね

私は発売前に予想していましたが、6作品が当たりという結果で、順位も当てたのは天使様と死亡遊戯のみ。(いちおう下に記事を載せておきます)。本当に今回は協力者が強い! という元来のこのラノのような結果になってしまったんじゃないでしょうか。




『お隣の天使様』と『本好きの下剋上』『恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。』の作者さんへのインタビューもあり、完結作品特集もあり、読みごたえがあって、同じ思考の人が分かりやすくなったこのラノ!

私のコメントも協力者ページや、『恋人以上のことを、彼女じゃない君と。』で載っているので、良かったら見て見てくださいね!

ライトノベルが好きな人、このラノをぜひ読んでみて下さい!


以上、ラノ感でした!