00000176
(アニメ公式サイトより引用)


こんにちは、夕凪真白です!

さて今回もアニメ『スパイ教室』の感想と、
原作との違いを語っていきたいと思います!


原作の内容も触れていきますので、まだ見てないよって方は、ブラウザバック推奨です!

というわけで語っていくよ!



MISSION 《夢語》Ⅰ



紫蟻


今回の第20話、小説版3巻の323ページと、小説版4巻の4ページから98ページがアニメになっていました

そんな20話は白蜘蛛と紫蟻、2人の『蛇』同士の会話から始まります! ついに出てきましたね、紫蟻! OPでは先に登場していたんですが、声がついたのは初! そして何とCVは子安武人さん。


ほんとこのアニメ、声優豪華すぎです。さて、そんな2人の会話は原作通りだったんだけど――まさかまさかの、レティアス、アカザ姉妹、影種、桜華、等、原作で経済会議に集まったと書かれていたスパイたちのシルエットが公開!

キャプチャ1444666
(アニメより引用)


皆さんどうだったでしょうか、気になっていた人は多かったことでしょう! 個人的には10巻で『終幕のスパイ』の1人として、いきなり名前が挙がっていた〇肉マニアの『影種』が気になっていたんですが、こうやってシルエットだけでも見られて、ちゃんとオジサンで。


原作ファンとしてはここだけでもうお腹いっぱいでした。そして場面は変わり、紫蟻は自分のアジトのバーで1人の女性に話しかけていました。ちなみにこのシーンは白蜘蛛との会話から1ヵ月後の話です。そしてこの女性は、もちろんあの人です。


原作ではこのシーン、「もしかして助けを待ってるんですか?」「相手は『燎火』ですか?」と紫蟻が女性が誰か分かる質問していたんですが、カットされていましたね。見たら分かるからということなんでしょう。


ローランド


キャプチャ202211
(アニメより引用)


さて、長くなっちゃいましたがOP後、3巻のラストの話を挟み、ティアとクラウスは内閣府世界経済研究所へ。ここは原作通りでしたね。ここに来た目的はローランド。後々アニメでも語られると思いますが、ローランドは紫蟻が支配し操る『働き蟻』の1人なんです。


そんなローランドは、情報なく挑めばキミたちは紫蟻に〇されると言い、黒髪のガキはチームから外した方がいいとも言ってしまいます。それに落ち込むのは当然ティア。ローランドとの戦いのときも後ずさりしてしまい、マティルダさんのときは彼女の真意すら気づけず逃がしてしまった。


キャプチャ21111
(アニメより引用)


思い詰めるティア。そんな時、事件が起こります。ここも原作通りでしたね。アネットが工作し、サラが追跡し、エルナが事故らせ、リリィが毒煙幕をまき、ジビアが追従、グレーテがモニカに変装し、最後はエースのモニカがクラウスを追い詰めるといういい連係プレイ。


1期ではクラウスに手も足も出なかった少女たちが、協力して最強のスパイにここまで立ち向かえるようになった。ここ原作ではその後に一人一人に対して良い所、伸ばして欲しいところをクラウスが言っているんですが、何故かここもカットされていました。


このシーン、成長がちゃんと見られた、結構原作でも人気なシーンではあるんですけどね…。尺の都合なんでしょう。だけど今回の20話、原作4巻の3分の1消化してますからね…。正直に1話使ってもいいからやってほしかったと思ってしまいます。私だけでしょうか。


ミータリオ


さて、ティアはまだ落ち込む中、『灯』はミータリオへ! 船に乗りながら、クラウスがティアを慰めます。ここ、少しだけ原作とは違いましたね。台詞はあってるんですが、原作ではローランドと話した後からタクシーが止まらなくなる間に交わされていました。


キャプチャ2333333
(アニメより引用)


そして着いてしまったミータリオ。クラウスが離れる中、8人はそれぞれ行動していきます。モニカはサックス奏者、ジビアは新聞記者、リリィはハンバーガー屋の店員。ちなみにリリィの潜伏先はリリィが「ハンバーガーを食べまくれる場所がいいです!」と宣言して決まってます。


まぁいつも通りポンコツ発動してますけどね…。店員さんに運んでおいてと言われた後のことは、アニメでは描かれてませんでしたが、間違えて地下駐車場のエレベーターに乗ってるくらいですから。そして最年少組は資料でポイントを確認。


この最年少組のミータリオでの行動も原作とは違いましたね。原作ではこの3人のシーンはミータリオに行く前にやってます。今回、内容は同じなのに時系列が結構変わってて驚いてます。そして最後も原作とは変わり、『働き蟻』との戦いが始まる前に、ローランドが出てきて20話は終わります。


まとめ


というわけでだらだらと感想やってきたわけですが、簡潔に第20話をいうと、ミータリオと『灯』の成長ですかね。

1期ではなんどもクラウスに負けていた8人ですが、クラウスを追い詰め、クラウスが次の任務を卒業試験とするくらい技術が高まっている。各個人の特技もちゃんと活きて、動いて連携し合っていた8人。ここのシーン、ほんとアニメになってくれて嬉しかったです。

そしてついに登場、紫蟻! 紫蟻はファンブックやOPでイラストが出ていたんですが、やっと動きましたね。声優は子安さんということで、個人的にもう少し柔らかな声を想像していたんですが、仮面のような不気味さのある紫蟻の表情とマッチしていたんじゃないでしょうか。

レティアスやアカザ姉妹のシルエットも明かされて。次回の紫蟻の語りでどうかイラストつかないですかね…。ちょっと気になりますが、来週から『灯』VS《働き蟻》になっていくことで、どう戦いが描かれるのか。1期の3話と同じことにはならないことを願って、来週も楽しみに感想書いていきます!

以上、アニ感でした。