img20211125_03042568


こんにちは、夕凪真白です!
今回はこのラノの発売が近づいてきた、ということで、このラノ予想していきたいと思います!


今回の表紙はもう公開されてますね!


Fg2a1ULaUAAHdn9



今回はなんとabec先生描き下ろしのキリト&アスナ!
SAOサービス開始に合わせた形だと思いますが、もうすごいよね!(語彙力崩壊…)

さて、11月26日に発売が決まったこのラノ。

今回、そんな予想をしていくんですが、言わせてほしい。

これ、予想です!

なんども言いますが、予想です。
文庫部門のBEST10予想です。
当てにはいきたいと思いますが、外れる可能性大いにあります。

というか、間違ってる可能性の方が高いですよ!
そんなくらい今回も分かんない!

というわけで、早速やっていきましょう!

目次・前年比較
・新作予想
・既作予想
・TOP10位予想



前年比較



まず始めに前回の順位がこちら!

・1位『千歳くんはラムネ瓶のなか』
・2位『春夏秋冬代行者』
・3位『ようこそ実力至上主義の教室へ』
・4位『ミモザの告白』
・5位『プロペラオペラ』
・6位『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』
・7位『義妹生活』
・8位『探偵はもう、死んでいる。』
・9位『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』
・10位『バレットコード:ファイアウォール』



以上、10作品です。

去年は『千歳くんはラムネ瓶のなか』が2連覇してましたよね。

新作も5作品となっていました。

では、そのまた前年、前前年だとどうかというと、タイトルは挙げませんが、こんな感じ。

続巻新刊
202046
202155
202255


直近3年間を比較してみると続刊、新刊共に半分半分で分かれていることが分かります。

というわけで、今年も5作品ずつで予想していきたいと思います。

新作予想



まず私が今年、バズっていたなという作品をピックアップしてみました。
それがこちら、

・わたし、二番目の彼女でいいから。
・灰原くんの強くて青春ニューゲーム
・恋は夜空をわたって
・クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった
・奇世界トラバース ~救助屋ユーリの迷界手帳~
・コロウの空戦日記
・純白令嬢の諜報員
・俺の召喚獣、死んでる
・ソレオレノ
・隣の席の元アイドルは、俺のプロデュースがないと生きていけない
・竜殺しのブリュンヒルド
・変人のサラダボウル
・あおとさくら
・わたしはあなたの涙になりたい
・天使は炭酸しか飲まない



15作品を独断でピックアップさせていただきました。
ちなみにこの作品たちは読書メーターやブログ等で、
ラノベ読みたちが絶賛していた、
SNSでバズっていたな…と感じた作品をリストアップしています。

もっとあるのはもちろん分かってます。
私もこの作品の中には入ってない作品を投票してますからね!

しかし、このラノ。
ラノベ読みの配点が高いのです!
そんなラノベ読みたちが絶賛していた、となると話は変わってきます。

まず、この中から絞り込みたいと思います。

正直、今年、私が1位だなと思う作品をまず言っちゃいます。

これです。

わたし、二番目の彼女でいいから。

理由は『彼女の妹とキスをした』という前例と
投票範囲に3巻、投票期間中に4巻が出ているということです。

まず、『かのキス』の前例から。

2021年、『かのキス』によって、不純愛が再熱したと私は考えています。
そして、この年、『かのキス』は8位に入っているんですよね。

ただ、続刊が思ったより出なかった。

そこに登場したのがこれ、『わたし、二番目の彼女でいいから。』です。

この流れで登場し、読んだ方は分かりますよね。あのラストの展開!
私なんて読んだ後、眠れなかったほどですからね。

そしてこの作品、ラノベ読みの評価高いです。
読書メーターの登録件数は600以上、好きラノでも知られる、いちせさんの感想まとめリンクでも10人の人が感想をあげているんです。

もちろんこの作品SNSでもすごいと…。

そして実はこの作品、このラノ2021で9月発売のラブコメとして、ピックアップされているんですよ!

羞恥も周知されているこの作品、絶対入ると確信してます。

そして、次の作品はこれ!

わたしはあなたの涙になりたい

これも上位に食い込むのでは、と考えています。

理由は2つ。
・5年ぶりのガガガ文庫の大賞作品であること
・単巻な青春感動作であることです


5年ぶりのガガガ文庫の大賞であることはご存じの通り。
『平浦ファミリズム』以来の大賞になってます。
大賞であるということは、すごい! という証明にもなってきますよね。

そして、単巻であることですが、このラノは単巻作品が上位に入っていることがあります。

例を挙げるとこんな感じ。

『ミモザの告白』
『キミの忘れかたを教えて』
『夏へのトンネル、サヨナラの出口』
『楽園ノイズ』

です。八目迷先生作品以外は続刊が出ていますが、単巻と言ってもいいくらい、終わり方がよく、感動する作品群です。

そしてそしてこの作品、ピアノ、奇病“塩化病”、震災、大切な人の死、1対1恋愛など、青春要素があります。

私も感想を書かせていただきましたが、とにかく描写が繊細で、少年の空白への痛みから始まり、恋愛、そしてタイトルの意味と最後まで飽きさせない、美しい物語なんですよね。

この2つのことから、入るのではと考えています。

ちょっと長くなりましたので、後の3作品を簡単に理由をあげて次に行きます。

タイトル理由
  ソレオレノSNSでの評価
ガガガの新作枠
  竜殺しのブリュンヒルド電撃文庫の”銀賞作品”であること
単巻切ない系であること
  純白令嬢の諜報員金賞作品であること
SNSでの評価



既巻予想



つぎに既巻です。
こちらもピックアップ!

・千歳くんはラムネ瓶のなか
・スパイ教室
・時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん
・ようこそ実力至上主義の教室へ
・探偵はもう、死んでいる。
・継母の連れ子が元カノだった
・お隣の天使様がいつの間にか駄目人間にされていた件
・声優ラジオのウラオモテ
・義妹生活
・現実でラブコメできないとだれが決めた?



以上、10作品をピックアップさせていただきました。

まず、これピックアップしたけど、言います!

千歳くんはラムネ瓶のなか
ようこそ実力至上主義の教室へ


この2つはほぼ絶対に入ります!

ほぼという2文字をつけたのは、間違っていたら怖いからですが、
まず間違いないでしょう。

まず千歳くんはラムネ瓶のなか

2連覇しています。これが何よりの上位に入る証拠!

『りゅうおうのおしごと!』も2連覇した後も入っているんですよね。

そしてまだまだアニメ化も控え、勢いがあると…。

そしてようこそ実力至上主義の教室へ

協力者票なくたって3位ですよ!
もう1位でいいじゃないですか!

とうわけで、この2つは必然的に入ります。

後の3つですが、
・継母の連れ子が元カノだった
・お隣の天使様がいつの間にか駄目人間にされていた件
・スパイ教室


の3つかなと思っています。

理由としては『継母の連れ子が元カノだった』は、投票直近でアニメが放送されていたこと、結女との恋の決着。の2点。

『お隣の天使様がいつの間にか駄目人間にされていた件』は、前回付き合い始めたことによる、まひるんの女性キャラ1位という快挙。からのまだアニメ化も控えていること、知名度の2点。

『スパイ教室』は、アニメ化が控えていることと、ライバルチーム『鳳』の〇〇の2点です。

『義妹生活』は今ラノベ界を騒がせている、三河ごーすと先生の作品であることや、5、6巻の内容があれだったので、入るかもしれません。

『現実でラブコメできないとだれが決めた?』は最終巻がでたことで、また順位を上げてくるかも?

『声優ラジオのウラオモテ』は願望で入って欲しくてピックアップしましたが、めくるちゃん効果がどこまであるかがカギを握りそうです。


TOP10位予想



ということで、既刊と新作を考えていきました。

最後はまとめて順位がどうなるかを予想していきたいと思います。

私の予想はこれです!

・1位『わたし、二番目の彼女でいいから。』
・2位『千歳くんはラムネ瓶のなか』
・3位『ようこそ実力至上主義の教室へ』
・4位『わたしはあなたの涙になりたい』
・5位『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』
・6位『竜殺しのブリュンヒルド』
・7位『スパイ教室』
・8位『ソレオレノ』
・9位『継母の連れ子が元カノだった』
・10位『純白令嬢の諜報員』or『義妹生活』



冒頭にも言った通り、『わたし、二番目の彼女でいいから。』を1位予想にしました。

『千歳くんはラムネ瓶のなか』と迷いましたが、『りゅうおうのおしごと!』のときの殿堂入りが厳しかったことを踏まえると、2位に落ち着くのでは、というのが理由です。

『よう実』は3位か4位に入ると思ってます。アニメもあったけれど、今年も1位は無理そうな気がしてますね…。アニメがね…名前誤字るって…。

あとは順当に新作、既作を入れてみました。
10位は大目に見てください…。

ということで、今回予想していきました。
いかがだったでしょうか。

あと半月で発売されるこのラノ!
どれが1位になっているのか、
どんな順位になっているのか、楽しみですね。

よければ、みなさんでも順位予想してみてはいかがでしょうか!

以上、このラノ予想でした!