img20220918_23215811

著者 神田暁一郎
イラストたけの このよう。

身長差20センチだけど距離感0センチ
低身長な少年と高身長な少女の
青春ラブコメディ、開幕!

目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想
3 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

 

あらすじ

「自分より身長の低い男子は無理」低身長を理由に、好きだった女の子からフラれてしまった下野水希。すっかり自信を失い、性格もひねくれてしまった水希だが、そんな彼になぜかかまってくる女子がいた。高瀬菜央。誰にでも優しくて、クラスの人気者で――おまけに高身長。傍にいるだけで劣等感を感じる存在。でも、大人びてる癖にぬいぐるみに名前つけたり、距離感考えずにくっついてきたりと妙にあどけない。離れてほしいはずなのに。見上げる彼女の素顔はなんだかやけに近く感じて。正反対な二人が織りなす青春ラブコメディ。身長差20センチ――だけど距離感0センチ。

(GA文庫公式サイトより)

感想


低身長な少年と高身長な少女の青春ラブコメ! 低身長を理由に、好きだった女の子からフラれてしまった下野水希が、誰にでも優しくて、クラスの人気者な高身長少女・高瀬菜央に話しかけられるようになって始まる、身長差ラブコメが楽しめる作品でした。

人生初めての告白で、低身長を理由にフラれ、周りにイジられて、ぼっちになった水希。自分よりも身長の高い女の子を信用できなくなっていた彼は、中学2年生になった始業式に自分よりも20センチも身長が高い高瀬さんに声をかけられます。

同じクラスになり、ひとりでいるところを見つけたら高瀬さんに話しかけられるようになった水希。そんな彼は、LINE交換を機に彼女と仲良くなっていくんですよね。始まっていく中学生の思春期な青春!

低身長を理由にフラれ性格を180度変えてしまった少年は、高身長な少女と話すようになり、どう変わっていくのか。気づけばすぐカッとなり強がって、コンプレックスに塞ぎ込んでしまう大人と子供の間で揺れるデリケートなお年頃。

身長を聞かれ「教えない」と言ったり、クレーンゲームの巨大ぬいぐるみを取ってあげたり、低身長で悩んでいた少年が、苦手意識を持っている高身長な少女と話すようになり、身長差のことでぶつかるも、彼女の優しさに気づき、合わせられる1歩を見つけていく、思春期な少年少女の青春が面白かったです。

172センチという身長や気に掛けてくれる誠実なところなど、高瀬さんは大人っぽいんだけど、おっきなクマのぬいぐるみを欲しがったり、スマホを欲しがったりと子供っぽいところもあって可愛くて。2人はどうなっていくのか。

低身長な少年と高身長な少女の思春期揺れる青春ラブコメが楽しめる1冊。2人はこれからどうなっていくのでしょう。楽しみですね!



特設サイトがあるそうなので、良かったら見て見てくださいね!





以上、ラノ感でした!

レーベル
GA文庫
ジャンル
ラブコメ
おすすめ度(評価)
★★★☆☆
ページ数
240
発売日
2022年9月14日



章ごとにいろいろまとめてみた


更新予定です。