img20220730_23100369

著者 涼暮皐 イラスト GreeN

誰にもバレず、世界を救え。
英雄に憧れた少年と機械少女の
バトルファンタジー、開幕!

目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想
3 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

 

あらすじ

遥か未来。進化しすぎた機械生命群に支配されたとある惑星。人類は滅亡の危機に瀕しながらも、教会が選ぶ《予言の英雄》に生存圏拡大の希望を持っていた。一方、幼い頃より英雄に憧れていた青年レリン=クリフィスは、誰もが認める優秀な圏外探索者だったが英雄には指名されずやさぐれていた。人生の目標を失っていたレリンだったが、本来敵であるはずの機械の少女・ウルと出会い衝撃の事実を聞かされる。なんと、ウルは人類がやがて絶滅するという未来を知っており、それを救えるのはレリンだけだというのだ! レリンは彼女と行動をともにし始めるが、その先には想像を絶する困難が待ち構えていた──

(MF文庫J公式サイトより)

感想


英雄に憧れた少年と機械少女のバトルファンタジー! 幼い頃から英雄に憧れていた青年レリン=クリフィスが、英雄になれず生存圏外域に挑戦していたところ、機械の少女・ウルと出会い始まる、未来バトルと予言書が楽しめる作品でした。

進化しすぎた機械生命群に支配されたとある惑星で、生存圏拡大のため、圏外域の最前線に立ち「最前線の英雄」と呼ばれた、父に憧れていたレリン。教会が選ぶ5人しか選ばれない《予言の英雄》に選ばれず、やさぐれた彼は、1人で圏外域に出てしまいます。

父親が発見した貴重な旧界遺物の銃《黒妖の猟犬》を手に、父親から遺したメモの場所に行くことにしたレリン。そんな彼は、父の家に置いてある同じような箱を見つけ、その中にいた自らを「予言書」と名乗る機械少女・ウルと出会うんですよね。

始まっていく機械少女と予言された未来! ウルからこのままでは人類が絶滅すると告げられ、「予言書」に従い、誰にも知られてはいけない戦いをすることになったレリンは、人類を救う《英雄》になることができるのか!

圏外域は機械生命が蠢く死と隣り合わせの世界。《英雄》に憧れたが《英雄》に選ばれなかった青年が、感情豊かな機械少女とともに予言に従い、魔銃で機械生命と戦っていく、過去と未来が繋がる世界観と、機械との熱いバトルが面白かったです。

予言書に記された内容とは違った未来も訪れていて。貴方のために存在していると言って守ってくれるウルは何者なのか。「予言書」は誰が書いたのか! 英雄に憧れた少年と機械少女の歴史に遺らない英雄譚が楽しめる1冊。レリンはどう戦っていくのか、楽しみですね。



以上、ラノ感でした!

レーベル
MF文庫J
ジャンル
ファンタジー
おすすめ度(評価)
★★★☆☆
ページ数
328
発売日
2022年7月25日



章ごとにいろいろまとめてみた


更新予定です。