img20220723_03162279

著者 なめこ印 イラスト 珀石碧

どうせなら笑って死にたいじゃん?
「能力者」と「救世主」の
新時代の青春ファンタジー!


目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想
3 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

 

あらすじ

救世主・神代風花は人類を救うため、一年後に死ぬ。そんな彼女は初対面の僕に言った。「私と付き合ってくれない?」彼女が最期の一年でやりたいことを記した『救世主ノート』。僕は彼氏として、その項目を一緒に埋めていくことに。春の出会い、夏の花火、秋の文化祭、冬の逃避行。思い出が増えるたびに気づいていく――神代は、普通の女の子だ。人類の敵を狩っている最強の影遣いの僕なら、死ぬ前に彼女を助けられるだろう? 思わず読み返したくなる衝撃と驚愕のクライマックス。『最強の能力者である少年』と『一年後に死ぬ救世主の少女』が織りなす最高のボーイミーツガール小説、誕生。

(ファンタジア文庫公式サイトより)

感想


「能力者」と「救世主」の青春ファンタジー! 人類を救うため、一年後に死ぬ運命にある救世主の少女・神代風花から告白された少年・影山燐が、彼女と恋人として1年を過ごすことになって始まる、1年後に死ぬ少女と表裏が楽しめる作品でした。

人の罪が生み出した穢れ「罪華」が発生する世界。罪華に家族を殺され、復讐するために罪華と戦っていた燐はある日、穢れを浄化し人類を救うための救世主で、一年後に死ぬ運命にある神代さんから告白されます。

彼女に皆のために死んでもらうため、彼女の告白を受け入れた燐。そんな彼は、救世主な神代さんと騒がしい1年を過ごしていくことになるんですよね。始まっていく救世主の少女の最期の1年。

春に出会い、カップル限定アイスパフェを食べ、夏に虫取りをして花火を見て、秋に執事メイド喫茶をして文化祭を楽しみ、冬は――と1年を神代さんと過ごし、彼女のやりたいことをしていった燐は、救世主の少女をどうしていくのか。

思わずあなたももう1度読みたくなる。救世主が最期の1年でやりたいことを、恋人として一緒に叶えることになった少年が、春夏秋冬と過ごし、普通の女の子であることに気づいて、好きになり守ろうとしていく、「救世主」との最期の1年に心揺さぶられました。

燐は罪華に家族を殺され、復讐するために罪華と戦っているんだけど、ある理由でも戦っていて。彼はなぜ必死に裏で戦っているのか! 燐の所属している救世組織の目的や少年の能力や思いもあり、ラストまで読むと驚き、ページを戻したくなる。

1年後に死ぬ救世主の少女との、王道で切ない青春ファンタジーが楽しめる1冊! 彼女と少年がいつまでも一緒にいられたらいいですね。


特設サイトがあるそうなので、よかったら見て見てくださいね!




以上、ラノ感でした!

レーベル
ファンタジア文庫
ジャンル
セカイ系
おすすめ度(評価)
★★★☆☆
ページ数
320
発売日
2022年7月20日



章ごとにいろいろまとめてみた


更新予定です。