img20220125_19153087

著者 花間燈 イラスト sune

わたしにパンツを穿かせてくれますか?
王子様がガラスの靴を履かせる
変態湧いてくる系ラブコメ最終巻!

目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想
  ・初体験
  ・女子会と男子会
  ・翔馬くんと小春先輩
  ・卒業
  ・変態たちは
  ・変態たちのその後
3 ▯まとめ

 

あらすじ

「両想いって、こんなに嬉しいんだね」幾度の困難を乗り越え、晴れて瑞葉と結ばれた俺、桐生慧輝。やったぜ! と喜んだのもつかの間、突然、父さんと母さんが帰ってきた!? いつでも自由だった家でのイチャイチャがお預けになってしまう……。けれど、二人はどうして急に帰ってきたんだ? そんな家での出来事や唯花ちゃん、真緒とのいざこざもありつつ、ついに三月、卒業式の日がやってきた。俺が紗雪先輩に連れられて向かったのは書道部の部室だった――。「ありがとう、慧輝君。――私、とっても嬉しいわ」新感覚変態湧いてくる系ラブコメ、いままでありがとうね! これでフィナーレの第14弾!

(MF文庫J公式サイトより)

感想


前巻(13巻)のお話

前回は、瑞葉にフラれた慧輝くんが教室でクマのマスクを被るほど落ち込んでいましたね。南条に勇気づけられて、瑞葉がなぜ振ったのかを探ることにしたら、瑞葉に南条とキスしそうなところを見られて、逃げる彼女を追いかけてキスをして。

付き合っている噂を知っている女子生徒に見られ、電話で聞いた瑞葉の本音。両親公認の婚約者同士という嘘の噂を流して告白し、瑞葉と恋人同士になった慧輝くんは、温泉旅行に行って。

誕生日プレゼントで婚約指輪を渡し、帰宅してリビングでキスしているところを両親に見られていました。

前回の感想はこちらから


登場人物をまとめたりしているので、よかったら見て見てくださいね!





試し読みまでのお話

リビングで瑞葉とキスしているところを両親に見られた慧輝くん。父親とお風呂に入り、大事な話をした彼は、瑞葉に初めてを――というのが試し読みまでのお話。


ここからは少しネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。



初体験

さて今回は可愛ければ変態でも好きになってくれますか?な回でした!(最終回なので、最後までネタバレありで熱く長く語ります)


父親とお風呂に入り、瑞葉のことを話したり、両親の馴れ初めを聞かされたりした慧輝くん! 瑞葉も母親と慧輝くんとの思い出話をし、両親が仕事に戻ってしまって誰もいなくなった2人は、ついに一線を越えてしまいます!


「俺、瑞葉とできて、
めちゃくちゃ幸せだった」
(52ページ 引用)


今回が最終巻なのに、冒頭からこれ!? 変好きらしいけど…もう。両親がいなくなったすぐって、ね? 瑞葉と慧輝くん熱々すぎますよ。そんな初体験を終えて翌朝、瑞葉と登校することにした慧輝くんは、瑞葉からパンツを渡されます


女子会と男子会

図書室で瑞葉を捕まえて、パンツをはかせようとしていた慧輝くん。しかし、そんなところを唯花に見られちゃうんですよね。『第二回書道部女子会』が始まり、小春先輩も加わって、変態たち3人から、瑞葉は根掘り葉掘り聞かれて。瑞葉もあれやこれやと。


「ぐ腐腐腐腐腐腐腐っ!! 待たせたな男子共!! この部屋にいる全員、我が崇高なるBL原稿のネタにしてくれるわ!!」
(93ページ 引用)


やってたときのこともあれのサイズも教えちゃってますからね? さすが露出狂の瑞葉さん? さて、女の子たちが恋バナで盛り上がる中、慧輝くんたちも海パンボーイズメンバー(翔馬くんと凛くん)+乾先輩で恋バナをしていました


女子会への対抗心で写真を送っちゃう慧輝くんたち。当然のように南条にネタにされちゃいそうになるんだけど、このやりとりがあるのがね。普通になる覚悟までしていた彼女が、最後まで腐女子としてのキャラを見せてくれて、南条好きな私にはもうこの時点で涙が…。


翔馬くんと小春先輩

「あ、これは慧輝が撮ってくれた写真だね」
(103ページ 引用)


卒業式前日に天文部に足を運んだ慧輝くん。そこには小春先輩と翔馬くんの姿がありました。あの翔馬くんだらけだった天文部を整理していた3人。そんなとき、翔馬くんがある写真を手に取るんですよね。それは2巻の26ページで、慧輝くんが撮った写真だったんです。


2人にとってはこれが初めて一緒に撮った写真! 最初は小春先輩が慧輝くんを紗雪先輩との写真で脅して始まった関係は、3年生なことを話して友達として始めることになって、夕妃さん達にも認められて、5巻で付き合うことになって。それから、それから――。


そんな2人が卒業式前に一緒に天文部にいて、一緒に手を繋ぎながら下校するっていう。変態しかいなかった中でも普通な?青春していたこの2人のエピソードあげたらキリがないけど、最後の日に一緒に帰るって、グッときますよね。


卒業

さて、ついに来てしまった卒業式。鷹崎会長の送辞と彩乃さんの答辞もあり、式が終わった慧輝くんは先輩たちに会いに行っていました。最初に行ったのは、鷹崎会長が待つ生徒会室! この先輩もいろいろありましたよね。


ストーカー被害を自作自演して、変態のラスボスといってもいいくらい派手な変態暴露をした鷹崎会長。いろいろあったけど、慧輝くんとゲームしているんですよね。彩乃さんが生徒会に入るきっかけにもなった人で。最後まで、また一緒にゲームしよって言ってきて。


「はい、チーズ!」
(144ページ 引用)


変態じゃなければと思う人でしたよ…。次に会ったのは小春先輩――は語ったので省略して、最後はもちろん紗雪先輩。書道部に入ったきっかけで、慧輝くんの初恋の人で、初めて分かった変態でもある先輩。


花間先生の作品が「猫耳天使と恋するリンゴ」から好きでこの作品を読み始めたけれど、もう「慧輝くんのペットにしてください!」の衝撃は今でも忘れられませんよ。


最後に慧輝くんは皆で書いた寄せ書きを渡して、写真を撮って。これの口絵があるんだけど、ね? SNSで流れてきた瞬間、泣きそうになりました。


変態たちは

さてさて、終わってしまった卒業式。夕妃さんと朝妃さんから大人のテクニックを教わった慧輝くんは、ホワイトデーにチョコを渡していました。最初は南条に、次に彩乃さんに、そして愛梨に。この3人、私が変好きの中で、トップ3に推してるキャラなんですよね…。


全員が変態じゃないというか、理解できる変態というか――とくに彩乃さんは充電が可愛くって。後でも語るんだけど、○○な匂いフェチって誰しもあると思うんですよ。その変態さと可愛さとがマッチしていて――。そして愛梨。


男性恐怖症だったツンケンな愛梨が慧輝くんを好きになっていくのは、もう分かっていましたよね。その後、告白しないという選択が…。最後は優しく手を振っていて。これだからもう…。愛梨と別れて、図書室に行った慧輝くん。


「そんなに唯花のパンツがお好きなら、
またお口にねじ込んであげますね♪」
(163ページ 引用)


そこにいた唯花にチョコを渡すけど、慧輝くんは転倒して唯花のスカートを下ろしちゃって。ドSな女王様な彼女が、1人だった彼女が慧輝くんに救われていって、告白までして振られて、最後まで「唯花のこと可愛がって下さいね」と挑発的で。可愛い後輩ですよ、ほんと。


変態たちのその後

ナイトプールで瑞葉とキスをした慧輝くん! 南条の連載が決定し、パーティーを開催した変態たちは3年生に。しかし、慧輝くんと同じクラスになったのは彩乃さんだけだったんですよね…。ただそんな、彩乃さん前髪で目を隠していなかったんですよ!

慧輝くんに指摘され、恥ずかしがって、マスクをつけ始めて、慧輝くんのワイシャツまで断り始めた彩乃さん。風邪かなと心配していた慧輝くん。しかしその理由は、瑞葉と慧輝くんのためだったんですよ! 充電も自分から断っちゃう彩乃さんが健気すぎません?

好きだった人のために、充電も自分から断っちゃう、そんな優しさを見せる彩乃さん、健気すぎません? 生徒会も一緒にやって、登場したら充電ばかりだったけど、変好きの中で一番推していた女の子でした。

「それじゃあ王子様、
わたしにパンツを穿かせてくれますか?」
(258ページ 引用)


さてさて、1巻同様、掃除をしていた書道部メンバー。数年後、慧輝くんと瑞葉は結婚式をあげようとしていました。巨乳すぎる書道家と言われ始めていた紗雪先輩、絵本作家になった唯花、売れっ子漫画家に成長した南条

書道部や生徒会メンバーに見守られる前に、パンツを落としたシンデレラの瑞葉にパンツをはかせてフィナーレとなった変好き! シンデレラのウェディングドレス姿、素敵でした。今回も最高に面白かったです!


まとめ

というわけで14巻の感想レビューでした

キスしているところを見られた慧輝くんたちは、両親と思い出話をしていましたね。両親がいなくなった後、2人は初体験をして、女子会でそのことについて根掘り葉掘り聞かれた瑞葉。

紗雪先輩たちが卒業し、先輩たちに別れを告げた慧輝くんは、3年生になり彩乃さんと同じクラスになって。書道部や生徒会メンバーが2人の結婚式に集まる中、ウェディングドレスを着た瑞葉に慧輝くんはパンツを穿かせていました。

シンデレラと結婚する最終巻! 慧輝くん、紗雪先輩、南条、唯花、瑞葉、鷹崎会長、彩乃さん、凛くん、愛梨、翔馬くん、小春先輩、朝妃さん、夕妃さん、恵、乾先輩、沖田先生、橘先生、誠さんと瞳子さん。

全員登場して迎えるパンツを落としたシンデレラとの最後に感動しました。小春先輩と翔馬くんや書道部など、それぞれの思い出や卒業、その後も語られていて。出会ったときのエピソードや変態であることが分かったときのこと、告白したときのこと、など。

これまでのエピソードが思い出されて、涙がこみあげてきて。最後まで変態だった彼女たちは、これからも変態なまま可愛く過ごしていくんでしょう。変好き、最高でした。

新シリーズは春発売予定らしいです。今度は主人公がパンツを穿かせたがる?作品な模様。どんな作品なのか、今から楽しみですね!


以上、ラノ感でした!