img20211125_03042568


こんにちは、夕凪真白です!

今回は『このラノ2022』の文庫部門の感想と、投票した作品について語っていきたいと思います!

※ネタバレが含まれるので、知りたくない方はブラウザバック推奨です

目次1 ▯感想
 ・10位『バレットコード:ファイアウォール』
 ・9位『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』
 ・8位『探偵はもう、死んでいる。』
 ・7位『義妹生活』
 ・6位『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』
 ・5位『プロペラオペラ』
 ・4位『ミモザの告白』
 ・3位『ようこそ実力至上主義の教室へ』
 ・2位『春夏秋冬代行者』
 ・1位『千歳くんはラムネ瓶のなか』
 ・私が投票した作品
 ・協力者票について
 ・どうした『弱キャラ』!?
▯まとめ

 

感想


10位『バレットコード:ファイアウォール』


img20211125_22544026


第10位は『バレットコード:ファイアウォール』! 第25回電撃小説大賞を受賞された斉藤すず先生の文庫本初の新作がランクインです。

「VRによる戦争体験学習」というVR戦争と現実の死。白熱とした戦争描写と、仲間が死んでいく絶望的な様子は衝撃を受けた人が多かったんじゃないでしょうか!


9位『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』


img20210801_23464888


第9位はロシデレ! もう知っている方多いでしょう! SNSでも話題になったハルヒ並みの初版部数でも有名なラブコメです!

正直に私はこの作品10位以内には入ると思ってはいませんでした。なぜなら、協力者の大半は有名な作品には入れないことが多いからです。それを覆してのトップ10!

ロシア語だから大丈夫とロシア語でデレるヒロイン。主人公はロシア語を知っている。というヒロインの可愛さの常識の幅を広げた作品でもあったんじゃないでしょうか。

私も登場人物をまとめちゃうほど好きなロシデレ! 3巻待ってますよ?


8位『探偵はもう、死んでいる。』


img20210528_23183577


第8位はたんもし! ラノベ関係者の推薦コメントから始まり、アニメ化までしたこの作品! アニメは物語の都合上、シエスタが足りないと言われていました。

しかし、新作ではないのにここまで順位が高いのはアニメ化ブーストも含めて、文句なしの面白さがあるからでしょう。

今日6巻も発売されていて。シエスタをどう復活させていくのか。『バカか、君は』と、言われてみたいですね。


7位『義妹生活』


img20210330_23375523


第7位は義妹生活! 今年のラノベといったらYouTube漫画の書籍化! この作品はそれを代表する1冊だったんじゃないでしょうか。

4巻は12月。同級生から兄妹になった2人のリアルな義妹生活。2人はどうなっていくんでしょうね…?


6位『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』


img20210721_22324595


第7位はお隣の天使様! 今回も新作ではなかったので、入ってくるか怪しかったですが、やっぱり天使様は強かったですね。女性キャラクター部門で1位になっちゃうんだもん。

2巻で家庭事情が分かり、3巻で小悪魔化した真昼の可愛さ、そして4巻では付き合い始め、5巻ではイチャコラと、2人の距離感がたまらない人多かったことでしょう。おめでどう、まひるん!


5位『プロペラオペラ』


syoei


第5位はプロペラオペラ! 新作だった去年もトップ10入りした実力派作品は、やっぱり今回は順位をあげた! 

去年のこのラノの感想で読むと言っていた人は、いったい誰でしょう。そう、私です! ということで、今年は読みたいですね……。


4位『ミモザの告白』


img20211125_22454791


第4位はミモザの告白! 第13回小学館ライトノベル大賞で、異例の「ガガガ賞」と「審査員特別賞」W受賞をした『夏へのトンネル、さよならの出口』はこのラノ2020では9位。

2作目の『きのうの春で、君を待つ』はこのラノ2021新作部門で12位。そして3作目の今作! 単巻実力派恋愛ラノベ作家・八目迷先生の名前がラノベ読みに届き渡ったと言っていいでしょう。

協力者票では2位。おめでとうございます!


3位『ようこそ実力至上主義の教室へ』


321909000820


第3位はよう実! WEB票圧倒的人気の作品が今年もランクイン。協力者票が異例の0で3位ですからね? この作品については私からは語ること、語れることは何もないでしょう!


2位『春夏秋冬代行者』


img20211125_22485929


第2位は春夏秋冬代行者! 文庫部門新作1位は、あの『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の暁佳奈先生の新作! 四季の美しい物語や世界観と言葉選び、代行者と護衛たちの関係性に引き込まれた人が多かったみたいですね。

正直、この作品が1位だと思っていました。そのくらい面白いので、読んでない方はぜひ。


1位『千歳くんはラムネ瓶のなか』


img20190621_19361796 (2)


そして栄えあるNo.1ラノベは――


チラムネこと『千歳くんはラムネ瓶のなか』!


チラムネが堂々1位。今年もチラムネは強かった!

ガガガのラブコメは比企谷八幡から友崎文也、そして千歳朔へ。第4巻から恋愛模様が加速していったらしい、ガガガのリア充側の青春を描いた青春ラブコメがついにこのラノ2連覇!

ですが私、去年も言ってますが、健太くんがあれになって、2巻の途中で断念しちゃったんですよね…。これはもう読むしかないでしょう。来年も1位になったら殿堂入りだぞ!


私が投票した作品


続いて、私が投票したキャラやイラストレーター、作品について語るよ! 

今回私は去年に続いて「協力者」として参加させてもらっています。このラノにも載っているので、よかったら参考にしてみて下さいね。

まずは、作品から――

私が投票した作品はこれだ!!!

まずは5位、『世界征服系妹。』です。

img20210414_23314512 (2)


ドラゴンを召喚、氷の魔法を使って政府高官たちを震え上がらせて、世界征服をしてしまった、異世界の姫だった檸檬ちゃん。

そんな妹を持つお兄ちゃんの、「考えて動いたんなら、今回は不問にしてやる」と人の為に動いていたことに感動したり、覆面を取ってしまう危機感のなさを心配したりする、優しさに感動したんです。

これはお兄ちゃん好きな人に読んで欲しい。そう思って投票しました。お兄ちゃん好きなら共感できるはず。


次は4位、『神は遊戯に飢えている。』!

img20210127_21422247


この作品といったら何といっても主人公たちと神との遊戯! 本誌のコメントにも載ってるんだけど、負けても勝っても「楽しかったねまたやろう」と言えてしまう2人と神の遊戯に引き込まれたんです!

ゲーム好きなら共感してくれるはず! 本気で楽しい遊戯にはまった作品で、投票しましたね。


次は3位! 『君のせいで今日も死ねない。』

img20210822_02354520


この作品は最後まで投票しようか迷いました。ただ、死なせたくない主人公の想いと、少女が少年に救われ、少年との日常を求めていくようになる、切なくて甘い真っすぐな日常に泣けたんです!

明日に不安がある方、悩みを抱えている方、ラノベを読んでいる方に考えて読んで欲しい。そう思って投票しましたね。文庫新作17位に入っていて、もっと上にきててほしかったなぁ。

第2位は『魔女と猟犬』です

img20201024_22303184


正直にこの作品はもっと上かなって思ってました(文庫部門22位)。レーヴェの策略、味方の裏切り、魔術師との戦闘、仲間の死。国や人の思いが交差する、世界観に引き込まれます。

今年はダークファンタジー作品も多く刊行されていて、その中でもこの作品は魔女の秘密も含め、続きが気になる、主人公にも共感ができるという点で選びましたね。第2位です。


そして、私が選んだ第1位の作品は――

img20211110_18212146


『ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います』です!

残業は嫌だぁーーーーーーーーーー!

まずこれが投票の決め手でした。6時間とかさせられるとラノベの感想も書けなくなるし、いろいろあれなんですよ…。

そんな日に読んでしまったこの電撃大賞受賞作。泣きました。ええ、泣きましたとも。アリナ、お前強すぎるよ。衝撃が忘れられず、1位にしました。


続いてはキャラクター!

女性キャラ。

1位。アリナ・クローバー(ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います)
2位。板柳穂春(僕の軍師は、スカートが短すぎる ~サラリーマンとJK、ひとつ屋根の下)
3位。シュワちゃん(VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた)

男性キャラ
1位。Aくん(君のせいで今日も死ねない。)
2位。高宮統道(陰キャラ教師、高宮先生は静かに過ごしたいだけなのにJKたちが許してくれない。)
3位。ベルトール=ベルベット・ベールシュバルト(魔王2099)


今回は男性キャラはカッコいいキャラを、女性キャラはシュワちゃん以外は隣にいてほしいキャラを選ばせていただきました。

高宮先生は文庫部門でも最後まで5位に入れるか悩んだほどで。やる気なし、元気なし、覇気なし。教師としては問題だらけだけど、嫌いにはなれない性格に魅せられましたね。


続いてはイラストレーター!


1位。sune(可愛ければ変態でも好きになってくれますか?)
2位。konomi(きのこのみ)(ライアー・ライアー) 
3位。フライ(あの日、神様に願ったことは)

イラストレーターは私が推している作品のイラストを描かれている方を順に、投票させていただきました。もうこれは私のことを知っている方なら予想できたのではないでしょうか。


今回投票した作品、キャラクターなどは以上です。他の作品もかなり迷いましたが、5作品に投票しました。なぜ投票しなかったのかは、コメント等があればすぐお答えします。


協力者票について


今回も協力者96名の方、全員の投票した作品が分かって、公平性という部分でも、満足できる形にはなっていたんじゃないかなって思いました。

一応、下にまとめた表は、今回協力者さんが投票した作品を1位5点、5位1点で数値化したものの、単行本部門上位10作品の票数です。

SNSで相当話題になっていたロシデレや、アニメ化しているたんもし、よう実は少なく、チラムネやプロペラオペラなど実力派な作品や、新作は多く集まっていますね。

これをみてから今回の順位をみても分かる通り、協力者票が強いです。しかし、ほんと協力者さんたち、いっぱい作品読んできた方ばかりなんですよ。協力者さんのコメント、読み応えありまくりです。

タイトル票数
1千歳くんはラムネ瓶のなか39
2春夏秋冬代行者81
3ようこそ実力至上主義の教室へ
4ミモザの告白56
5プロペラオペラ44
6お隣の天使様にいつの間にか
駄目人間にされていた件
14
7義妹生活13
8探偵はもう、死んでいる。2
9時々ボソッとロシア語でデレる
隣のアーリャさん
12
10バレットコード:
ファイアウォール
33



どうした『弱キャラ』!?



これは皆さんが気になったはず! どうした弱キャラ!?ということで今回は短く述べていきます。(詳しくはまた別の記事で)

正直に今回はまず、協力者が有名作品に投票しなかったことが、順位を落とした原因でしょう。「青春ブタ野郎」シリーズ」「Re:ゼロ」「本好き」「転スラ」などなど。上位だった作品でアニメ化作品がほぼ協力者票0です。

そして弱キャラは投票期間に1冊しか発売していないんですよね…(日南の重要な回でもあったんですが)。みみみ推しがチラムネキャラに流れていったことも、アニメ化もあり、ガガガの完全な移り変わりが見えてしまったと思います。


まとめ


というわけでこのラノ2022の感想でした。

私自身、今回はアニメ化作品勢が軒並み協力者票0という異例の結果で、驚いたランキングでした。今回から絶対5作品投票しなければいけないことになって、投票できる作品が減り、ランキング自体は新作や実力のある作品に偏った印象がありましたね。

『チラムネ』と『春夏秋冬代行者』『佐々木とピーちゃん』の作者さんへのインタビュー記事もあり、読みごたえがあって、協力者が増えて同じ思考の人が分かりやすくなったこのラノ!

ライトノベルが好きな人、このラノをぜひ読んでみて下さい!


以上、ラノ感でした!