img20210920_23225642

著者 赤金武蔵 イラスト ゆきうなぎ

運命の赤い糸って知ってる?
不器用な少女と鈍感な少年が織りなす
甘くて焦れったい恋の物語。

目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想
3 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

 

あらすじ

16歳になる年の4月22日に、左手薬指に現れる赤い糸。それは、世界のどこかにいる運命の人に繋がっており、その相手と結ばれれば必ず幸せになれるという。真田暁斗の赤い糸が繋がっていたのは、顔を合わせれば喧嘩ばかりのクラスメイト・久遠寺梨蘭。互いに“嫌われている”と思い込む二人の関係は、赤い糸で結ばれても何一つ変わらない……はずだった。「アンタは一生ッ、私だけを見てればいいのよ!」 赤い糸の力で、隠していた好意がダダ漏れに!? 実は、これまでの言動は全て照れ隠し! 運命の人になったことで、素直になれない梨蘭の本当の想いを知ることに……。「…暁斗、暁斗。いつか、名前で呼んでほしいな……」 不器用な美少女とちょっと鈍感な少年が織りなす、“大好き”が溢れて止まらない、甘くて焦れったい恋の物語。

(ファンタジア文庫公式サイトより)

感想


不器用な少女と鈍感な少年が織りなす甘くて焦れったい恋の物語。クラスメイトの久遠寺梨蘭と喧嘩ばかりしている少年・真田暁斗が、「運命の人に繋がり、その相手と結ばれれば必ず幸せになれる」という赤い糸が梨蘭と繋がっていることを知って始まる、運命と糸が楽しめる作品でした。

16歳になる年の4月22日(運命の日)に、左手薬指に赤い糸が現れる奇病『運命の赤い糸症候群』。そんな運命の日が訪れた真田。しかし、彼の頭の中で「大好きよ」と笑顔を浮かべてきた少女は、いつも突っかかってくる天敵のような女の子、梨蘭だったんですよ。

しかもこの赤い糸、一般的な赤色とは違い、肉体的・経済的相性が抜群な、全世界で数例しか確認されていない奇跡の色【濃緋色】だったんですよね。始まっていく、真田のことが好きすぎて突っかかってしまう梨蘭と、鈍感な真田の赤い糸な恋愛。

真田の妹に振り回されたり、デートしたりした2人。真田が梨蘭のクラスメイトのひよりに告白され、2人の関係はどうなっていくのか! 大好きな真田と赤い糸が繋がり、真田の前では高圧的に接するも、裏では大喜びして、時々本心が漏れてしまうツンデレな梨蘭が可愛かったです。

世界のどこかにいる運命の人と赤い糸が繋がり、相手と結ばれれば必ず幸せになれるという“16歳でほぼ勝手に恋愛相手を決められてしまう”世界で、赤い糸が繋がっている少女と、繋がっていない少女が同じ人を好きになっているという運命も描かれていて。

もし彼女の方が赤い糸と繋がっていたら、と、距離が近づいて相手を知り、好きになっていくラブコメでありながらも考えさせられる1冊。自分の想いに気づき、梨蘭の想いを知った真田は、これから彼女とどうなっていくんでしょう、楽しみですね!


特設サイトがあるそうなので、良かったら見て見てくださいね!





以上、ラノ感でした!

レーベル
ファンタジア文庫
ジャンル
ラブコメ
おすすめ度(評価)
★★★☆☆
ページ数
288
発売日
2021年9月18日



章ごとにいろいろまとめてみた


更新予定です。