img20210212_18591085

著者 葉月文 イラスト DSマイル

おかえり、と言ってもらっていいですか?
拗らせ作家×世話焼きJKの
甘々癒やし系ラブコメ、開幕!

目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想
3 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

 

あらすじ

デビューから早六年。未だに重版未経験の売れない作家、ホヅミこと空束 朔はスランプに陥っていた。渾身の原稿は全ボツになり、売れ線のラブコメを書いてみないかと担当編集に勧められる始末。そんな悩めるホヅミの前に、ある日、白花 茉莉と名乗る謎の女子高生が現れる。彼女の協力のもと、夢のミリオン作家を目指しホヅミは再び執筆に励むが……!? 「ホ、ホヅミ先生! これは本当に執筆に必要なことなんでしょうか!?」 コスプレさせたり、デートしたり、買い物をしたり。積み重ねていく何気ない日々が、二人の距離を近づけていく――。拗らせ作家×世話焼きJKの甘々癒やし系ラブコメ、堂々開幕!

(電撃文庫公式サイトより)

感想


拗らせ作家×世話焼きJKの甘々癒やし系ラブコメ! デビューから早六年。未だに重版未経験の売れない作家、ホヅミこと空束朔が、謎の女子高生・白花茉莉と出会って始まる、変化とハッピーエンドが楽しめる作品でした。


「――おもしろかったです」


デビューから六年、未だに重版未経験でスランプに陥っていたホヅミ(八月朔一)。原稿は全ボツになり、担当編集の双夜さんから『ラブコメを書きましょう』と言われた彼は、編集部からの荷物を持った女子高生・茉莉と出会います。

茉莉が、双夜さんが言っていた『秘密兵器』で、彼女に雇われたバイトだと思ったホヅミは、彼女に合鍵を渡すんです。始まっていくラノベ作家と女子高生の日常。ご飯を作ってもらったり、勉強を教えたり、デートしたり。

一般文芸寄りの青春・恋愛作品を書いてきたホヅミは、茉莉との日々を重ね、ラブコメで重版童貞を卒業することができるのか! まず、葉月文先生がラブコメ!? と、本気で驚きました。だって『ハロハロ』や『あのネ』と、胸を揺さぶられる青春作品を書かれていた作家さんですよ? 

だけど、読んでみたら葉月文先生らしさのある、優しく繊細な日常が描かれていて。これからもこの先生の作品を読んでいこうと思いました。それくらい面白かった。悩んでいたホヅミが茉莉と出会い、距離を縮めていく。

この何気ない日々があたたかく、ホヅミたちの揺れ動く心情が訴えてきて切ないです。とくに250ページ。これずるいよ。電子書籍版では見れない?そうなので、ぜひ紙の方で読んで欲しいんだけど、視覚的にも彼女の想いが読み取れて素敵だったんですよね。

同期のアニメ化作家のウミさんや、イラストレーターのポンコツ先生(POP☆コーン先生)とのやりとりもあり、ホヅミはモットーである、みんな笑顔のハッピーエンドを、ずっと続けていくことができるのか。2巻が2021年夏に発売予定だそうで。これからの日々はどうなっていくのでしょう。楽しみですね!



声優の堀江由衣さんによる朗読動画や、作家さん、書店員、ラノベ系YouTuberさんの推薦コメントがあるそうなので、よかったら見て見てくださいね!









以上、ラノ感でした!

レーベル
電撃文庫
ジャンル
日常ラブコメ
おすすめ度(評価)
★★★★☆
ページ数
296
発売日
2021年2月10日



章ごとにいろいろまとめてみた


ホヅミ
茉莉
双夜
ウミ
ポンコツ
(エ)ページ
プロロ
×
×
×
×
1
プロロ
×
×
×
×
10
第一話
×
×
×
22
第二話
×
×
×
×
18
第三話
×
×
×
22
第四話
×
×
×
24
第五話
×
×
×
×
14
第六話
×
×
×
×
14
第七話
×
×
×
×
22
第八話
×
×
×
20
第九話
×
×
×
×
28
第十話
×
×
×
26
第十一話
×
×
×
24
第十二話
×
×
×
24
エピロ
×
×
×
×
12
合計
281

プロローグはプロロ、
エピローグはエピロにしてあります。
キャラは登場していて、
台詞があれば〇、なかったら×です。
(今回はメッセージや手紙も〇に含みます)
(エ)はエッチな?シーンが
ある〇、ない×、微妙△です。
(管理人が思った通りに書いているので、
〇×△は多少の違いがあるかもです)