img20201116_17120100 (2)

著者 五十嵐雄策 イラスト はねこと

野球部に戻ってくる気はないかな?
照れてる先輩がただひたすらかわいい
赤面120%な照れかわラブコメ第2巻!

目次1 ▯感想
2 ▯2巻まとめ

 

感想


試し読みまでのお話

花梨先輩、龍之介と名前で呼びあうようになった2人。基本に戻ってひたすらに『累積アウト数』を積み重ねていくことにした市村は、指導中にアドリブを始めた舞原さんに乗っかり、犬になって鳴き始めて?――というのが試し読みまでのお話。


ここからは少し?ネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。



ニャンメイドカフェ

さて今回は野球とにゃんにゃん彩雲祭な回でした!


彩光学園の文化祭『彩雲祭』の出し物を決めることにした放送部(仮)! 去年、クラスの出し物で忙しく、『マイクと音楽機材の歴史』の展示をして心残りがあった2人は、市村くんの発案と舞原さんの賛成で、ニャンメイドカフェをすることになります。


「花鈴先輩がいたからです」
(107ページ 引用)


花梨先輩がニャンメイド! ここでは見せられないんだけど、口絵イラストで舞原さんとのメイド衣装が。花梨先輩に猫耳としっぽがついたら、さらに可愛くなるのは当たり前! 


家まで二人乗りで送ってくれた、市村くんの額を拭ったハンカチの匂いに微笑んだり? 市村くんは放送部を選んだ理由を話したり、舞原さんや委員長がアウトをとられたり。先輩の照れかわはさらに増して、他のヒロインたちの照れもあって、もう全員可愛い!


彩雲祭

真衣さんや、委員長の藤原皐月さん、日野くんに手伝ってもらって始まった彩雲祭! 花梨先輩の宣伝アナウンス(美声)によって、ニャンメイドカフェは好評。モデルだった舞原さんを助け、市村くんは花梨先輩と文化祭デートをすることに!


「花梨先輩とデートできることは人生において絶対にやり遂げたい四つの必須事項の一つですので」
(169ページ 引用)


他の三つってなんなの? かは置いといて、花梨先輩との文化祭デートですよ! お化け屋敷でサメ関連のゾンビに驚いちゃったおんぶされて、寝ちゃった先輩の寝言。夢の中でも後輩くんと一緒にいるのかな?


先輩からの手紙

花梨先輩とデート中、野球部の東山くんから「――野球部に戻ってくる気はないかな?」と言われた市村くん! 山盛りのかき氷を買いに行っていた花梨先輩は、その言葉を耳にして、彼から「お願いがある」と言われ、様子がおかしくなってしまいます。


「……やっぱりやだよ……! りゅ、龍之介がいなくなっちゃうなんて……っ……!」
(228ページ 引用)


ここからはネタバレすぎるのであまり言わないけど、市村くんを送り出す手紙を読んで涙を流しちゃった先輩の想いが良かったんですよ。誤解がとけて、花梨先輩と一緒に後夜祭を過ごすことにした市村くんの感情。『ヒット』ってそれはもう、ね? 2人にはこれからも仲良くしていて欲しいです!



2巻まとめ


というわけで2巻の感想・レビュー?でした。

市村くんと花梨先輩が名前呼びするようになっていましたね。放送部(仮)は、文化祭の出し物でニャンメイドカフェをすることになり、真衣さんたちに手伝ってもらって始まった彩雲祭。

市村くんと文化祭デート中、彼が「――野球部に戻ってくる気はないかな?」と言われているのを聞いて誤解してしまった花梨先輩はラスト。

贈り物として手紙を読んでいる最中、涙が溢れ放送部を飛び出し、市村くんから野球部の臨時コーチとして戻る(野球部には復帰しない)ことを告げられ、一緒に後夜祭を過ごしたのだった。

文化祭でニャンメイドカフェをする2巻! 今回も市村くんに照れさせられる先輩が可愛かったです。五十嵐先生特有の比喩もあり終始楽しく、照れさせられるヒロインたちが魅力的で。すれ違い涙を見せながらも、他愛もない会話で笑い合う2人に癒されました。今回も面白かったです。

市村くんは『ヒット』の意味に気づくのか。3巻も楽しみですね!

以上、ラノ感でした!