img20200722_19250621

著者 久追遥希 
イラスト konomi(きのこのみ)

ご褒美に、私に会わせてあげる?
色付き星を賭けて彩園寺と決闘する
逆転学園頭脳ゲーム第5巻!

目次1 ▯感想
2 ▯5巻まとめ

 

感想


前巻(4巻)のお話

前回は《アストラル》を抜けて、《ライブラ》との接触を図った篠原が、協力を取り付けた後で《MTCG》を勝ち抜いていましたね。椎名紬が《百面相》だったことが判明し、《連合軍》以外の学区と《同盟軍》を結成して、蘇り始まる全面戦争。

榎本と七瀬は互いにフォローして戦い枢木を負かし、篠宮は久我崎と共闘して霧谷を倒して、紬と彩園寺と三人で《決闘》内《決闘》をした篠原は、《百面相》を操っていた倉橋を倒していました。


試し読みまでのお話

五月期交流戦を終えて、姫路さんとゲームをしていた篠原くん! 学園島に来た理由を知る「彼女」を名乗る相手から、「ご褒美に、私に会わせてあげる」とメッセージを貰った彼は、彩園寺さんと紫の星を賭けた特殊決闘をすることになり?――というのが試し読みまでのお話。


ここからは少しネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。




《ディアスクリプト》

さて今回は探し人からの挑戦状で高ランカーが覚醒する回でした!


特殊決闘《ディアスクリプト》で、朱羽さんと色付き星争奪戦をすることになった篠原くん。紬ちゃんが持っていた紫の星獲得と、幼馴染みを見つけるため、3つの恋愛相談に挑んでいきます。紫の星でコピーできたら戦略性が広がりそうですよね!


『さすがは加賀谷さんです。どこにでもいそうな男子高校生のコーディネートをさせたら右に出る者はいませんね』
(58ページ 引用)


ファーストクエストは、好きな人に告白すると絶対成功するという噂の限定プレートを入手して、依頼者(真野優香)に渡す、という朱羽さん側の勝利条件を阻止すること! 指令で篠原緋呂斗だとバレないよう、加賀谷さんのコーディネートでいった篠原くん。


だけど、朱羽さんにはすぐ気づかれちゃいます。加賀谷さんは「正体がわかるのは普段から相当ヒロきゅんを見てる子だけ」っていってるけど、姫路さんにバレるんだったら、当然ねぇ…。2人とも“相当”ヒロきゅんを見てますから。


スイーツ好き女子高生K

限定イベントスタート! 今回の決闘のルールは簡単に言っちゃうとじゃんけんです。【いちご】【抹茶】【ブルーベリー】(赤青緑の強弱)のフレーバーがあって、それぞれに☆1~☆3まで設定されている価格帯(フレーバーの方が優先)で、カードを奪い合い。


最初に30勝したペアだけが選ぶことができる伝説のチーズケーキを獲得するため、篠原くんはあの枢木とペアを組みます。このイベントには新キャラが登場していて。桜花学園の中では《女帝》に次ぐと言われているほどの実力者・藤代慶也がいたんですよ!


「ほぁあ……! 
か、神! 神っす! 
藤代センパイ超カッコいいっす‼」
(91ページ 引用)


この人、不良みたいな外見なんだけど、今回の依頼者・真野さんに好意を寄せられていたり、誕生日の妹にせがまれてケーキを買ってきたりする、とっても優しいお兄ちゃんで。今後の活躍にも注目だけど、照れてるときのイラストが見てみたいっ!


エクストラステージ

さて、限定イベントは枢木の新たなアビリティ《一網打尽》と、篠原くんの選択肢操作でなんとか勝利。したんだけど、枢木が朱羽さんにプレートを渡しちゃって。セカンドクエストの浅宮さんと榎本会長とのダブルデートでは、いつものイチャイチャで1対1。


篠原くんが高所恐怖症なことも分かって。《アストラル》にも出場していた皆実雫からの、ファイナルクエストが始まります。ここからはネタバレすぎるので言わないけれど、茨学園の結川の扱いに笑っちゃいました。


「もちろん、最初のうちは楽しかった。褒められるのも、好きだった。……でも、途中で少し嫌になった。それは……わたしじゃなくて、周りの目が変わってきたから」
(245ページ 引用)


目立つのを嫌って、一定の等級に留まり続けている「無敗」だった少女の過去と勝ちたい想い。3人で水平思考クイズをして信頼されて、交渉を終えて勝利して待っていた人にはびっくりしちゃいましたが、彼女から告げられた言葉は驚愕で。


篠原くんが、姫路さんと朱羽さんの過去を聞いて、引っ掛かっていたもの。待っていた人から告げられた手がかり。夏の超大型の《決闘》イベントも控えていて、今後の篠原くんたちの活躍にはもう目が離せませんね!


5巻まとめ


というわけで5巻の感想・レビュー?でした。

篠原に幼馴染み?から“特殊な決闘”の挑戦状が届いていましたね。彩園寺と色付き星争奪戦をすることになって。限定イベントに勝って勝負には負け、浅宮さんと榎本会長とダブルデートをして。

元最強だった皆実雫との《決闘》に勝ち、依頼を達成した篠原はラスト。《ディアスクリプト》の管理者だった姉・柚葉と再会して、彼女から初恋の幼馴染みの情報を告げられていました。

幼馴染みを見つけるため、色付き星を賭けて彩園寺と特殊な決闘をする5巻! 本当に幼馴染みなのか! リスクなしの《決闘》や恋愛相談クエストをする女の子たちの違う一面や、ムッとしたり恥ずかしいことを言ったりする行動が、とにかく可愛かったです。

英明の黄金時代のことや、姫路さんたちの過去、幼馴染みのことなど、今回いろんな真実が明かされて。ラブコメに決闘に、今後どうなっていくのか! 6巻も盛り上がっていきそうで本当に楽しみです。今回も最高に面白かったです。


以上、ラノ感でした!