img20190901_20494213

著者 海老名龍人 イラスト ももいろね

世界は愛を救わない?
特殊能力を持つ少年少女の
不条理な愛の物語。


初めまして、夕凪です。今回は講談社ラノベ文庫から『世界は愛を救はない』の感想レビューやっていきたいと思います!

目次1 ▯あらすじ
2 ▯感想
3 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

 

あらすじ


壇上貫地と石野美香、そして僕、阿久津吾郎は、幼なじみで文芸部に所属していて――ちょっと特殊な力を持っている。超能力と呼ぶ にはおこがましく、マジックと呼ぶにはつたない、その程度の特殊能力だ。ゲームで言うバグのようなその力を、僕らは“グリッチ” と呼んでいる。その力を使って、僕らは世界征服を目指している。冗談に聞こえるかもしれないが本気だ。僕たちが抱えているそれぞれの事情を考えると、世界を征服しないと救われないのだから――。 新たな愛の形を描いたちょっと不思議な新感覚ラブコメが登場!
(講談社ラノベ文庫公式サイトより)


感想


救われない3人の愛に向き合う物語! ジャンルは青春もの。(ラブコメ要素は少なかったかな)。一般的じゃない恋愛感情を持った3人が、救われるために特殊能力で世界を征服しようと文芸部で占いを始める、普通とは少し違った恋愛観を考えさせられる作品でした。

やっぱり、複雑なんです。愛って何かとか、いろんな人を好きになっちゃダメなのかとか。3人がそれぞれ違う、人にはあんまり言えないような恋愛事情を持っていて。普通に学園生活をおくっているんだけど、表には出せないことで楽しめなくて世界を変えようとする。

共感は出来ないけど、「子どもの頃から、愛は尊いものだと教わってきた」から始まる、社会的に救われていない3人の本音の恋愛感情が書かれていて面白かったです。

そして「グリッチ」。特殊能力のことです。これが仕様もないのばっかり! 「他人の特殊能力を見る」の発動条件が「相手の誕生日を知っていて、名前を知らない状態で顔を見ること」なんですよ? 他にもいろいろあったんだけど、3人の能力はそれぞれ噛み合うようになっていて、開田さんだけは重要な能力をもっていて。

開田さんの能力によって3人が変わって迎える結末! 阿久津と貫地と美香は救われたのか、救われていないのか。人によって違う部分ではあると思うけど、私は薬で得てしまった偽りの救いなんじゃないかなって思います。エピローグで4人が掴んだ恋愛は美しいんですけどね。

次にキャラ。――は書くとネタバレになっちゃいそうなので、今回はやめておくんだけど、それぞれの対照的にぶつかるキャラたちには注目です。


社会的に救われない恋愛感情を持った3人が、求めていた特殊能力をもった少女と出会い、葛藤していく失恋青春小説です。

気になったら読んでみてくださいね!



以上、ラノ感でした!

レーベル
講談社ラノベ文庫
ジャンル
青春もの
おすすめ度(評価)
★★★☆☆
ページ数
248
発売日
2019年8月30日



章ごとにいろいろまとめてみた


阿久津
貫地
美香
開田
(エ)ページ数
第一章
×
67
第二章
×
48
第三章
×
58
第四章
×
44
エピロ
×
19
合計
236

エピローグはエピロにしています。
キャラは登場していたら〇
登場していなかったら×です。
(エ)はエッチな?シーンが
ある〇、ない×、微妙△です。
(管理人が思った通りに書いているので、
〇×△は多少の違いがあるかもです)