img20190827_20201869

著者 久追遥希 イラスト konomi(きのこのみ)

イカサマVSイカサマ?
コミカライズも決定した
学園頭脳ゲーム第2巻!


目次1 ▯感想
2 ▯2巻まとめ

 

感想


前巻(1巻)のお話

学園同士がランクを決める決闘を繰り広げる、学園島に編入した篠原緋呂斗は、学園で唯一7ッ星を持っている最強の少女・彩園寺更紗に勝ってしまう。最弱の1ッ星であることがバレないよう嘘をつくことになった篠原は、赤の星を守り抜くために、メイドの姫路白雪と偽物だった彩園寺とともに不正を使って決闘を繰り広げ、藍の星を持つ久我崎晴嵐に勝利したのだった。

試し読みまでのお話

学内イベント《区内選抜戦》が近づく中、篠原のクラスに姫路さんは転校生としてやってきます。そんなとき、2人のもとに小悪魔と呼ばれている英明学園上位ランカーの秋月乃愛が現れて? 篠原は学長から翠の星が盗まれたことを知るのでした。――というのが試し読みまでのお話。

ここからは少しネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。



小悪魔チートちゃん


さて今回は学内イベント《区内選抜戦》で小悪魔の少女が仕掛けてきて、メイドさんに危機が訪れる、メイドちゃん大ピンチな回でした!

《区内選抜戦》に勝利することになった篠原くんは、姫路さんと不正を使ってイベントに参加しますが、通知妨害を受けてゲームをすることになります。

メッセージ相手は新キャラ! 6ッ星ランカーの秋月乃愛。小悪魔って呼ばれている先輩な女の子です。この子が今回の重要なキャラになってましたね。

「えへへ、ぐーぜんだね緋呂斗くん♡
大丈夫? 怪我とかしなかった?」
(88ページ 引用)


彼女を警戒して、姫路さんにゲームをしてもらう〈身代わりの術〉も用意しますが、何度も篠原くんの前に現れます。こんな台詞も言ってきたりする小悪魔さん。どこから現れてくるのかわからないところが奇妙ですよ。


恥ずかしがりやな偽お嬢様

《区内選抜戦》も2日目が終了したところで、あの偽お嬢様から電話がかかってきて、2人はデートすることになります。今回は表紙にもなっている朱羽さん。待ち合わせをして、変装してるけどオシャレもして意識しちゃってる、ツンデレさん?なところが可愛いんです!

「そ、そうよ。しのっ――ヒロ、
っていうの。……か、かっこいいでしょ」
(105ページ 引用)


きまぐれで条件が変わるお店に入って、今回の条件は「カップル以外の入店を禁止している」こと。ヒロって呼んで、手までつないで(握手だったけどね)、初々しいイチャイチャは店主も私も大満足です。

篠原くんは買ってきたプレゼントを姫路さんに渡して、初めてのプレゼントと知って「一生大切にしますね」というメイドさん。推しキャラ投票を公式さんがやってるんだけど、どっちか選べませんよ!


イカサマVSイカサマ

《区内選抜戦》4日目も秋月さんの妨害は終わらず、篠原くんは最終手段だった「姫路さんに《演習》申請」をしますが、彼女に逆手を取られて姫路さんを誘拐されてしまいます。

そんなとき酔っぱらった加賀谷さんがやって来るんです。「勝利を目指すのをお止めください」言ってくる姫路さんと始まる《不等辺三角関係》というカードゲーム。

久追先生の作品はゲームをやりたくなる面白さがある!

《ターン制睨めっこ》や前作の入れ替わり裏ゲーム(バトルロイヤルetc)など、やってみたいと思っちゃうんです。そんな姫路さんとのゲームが始まって、彼女が言っていたことを理解して負けなかった2人は、秋月さんとの不正を使ったゲームを開始します。

ここからはネタバレすぎるので言わないんだけど、赤羽さんと協力をして小悪魔先輩と《盤上宝探し》に挑む、イカサマだけじゃなくて心理的思考からも戦略を練る対決が面白かったです。

後ろにいた悪魔の不正を暴いて、傷ついた先輩を憧れのステージへ上げてあげる。特別っていう言葉の響きは素敵ですね。3巻は誰と戦うのかが楽しみです。


2巻まとめ


というわけで2巻の感想・レビュー?でした。

学内イベント《区内選抜戦》が始まって、小悪魔先輩が妨害してきましたね。姫路さんが捕まって、カードゲームをして負けなかった篠原くんは、赤羽さんと共に彼女を救うためにイカサマ対決をして。復讐をしていた心弱い先輩は特別を見つけていました。

不正を使って復讐してしまった少女が叫びと、不正を使って最強を演じる少年。最強とチートと最強(偽)が手を組み戦う頭脳ゲームは、やりたくなる面白さがあって、イカサマと戦略に手を読み合う駆け引きにみせられました。今回も最高に面白かったです。

3巻は今年の冬に発売らしいです! 3人目の彩園寺がどんな人物なのか楽しみですね!

以上、ラノ感でした!