img20190713_21054739 (2)

著者 えいちだ イラスト あやみ

千年前の世界でまた事件⁉
最先端魔法が苦戦する敵出現
歴史を巡るファンタジー第2巻!

目次

 1 ▯感想‼
 2 ▯2巻まとめ‼

感想‼


前巻(1巻)までのお話

前回は、最先端魔法の学院に通う2人が千年前にタイムスリップしましたね。死ぬはずだった王女様を助けてしまって、彼女の弟と国を救い、元の時代へ戻ろうとした。ってところで終わりました。

試し読みまでのお話

魔力塔が壊れてしまい、エリオットたちは千年前から20年後の世界に、留まることになってしまいました。そんなとき、フラミリスの弟、ディラン大公爵を探すことになって――というのが試し読みまでのお話。

ここからは少しネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。

20年後の世界


さて今回は魔力塔が壊れてしまい20年後の世界で目覚めた主人公たちが、大公爵と姫様を助けて、最先端魔術を苦戦させる敵と戦い民を守る回でした!

1巻から20年後の世界で目覚めてしまったエリオ(エリオット)たちは、ディランくんを探しに向かいます。たどり着いたのは戦場。そこには青銀のボディのゴーレムと1人の男性がいました。

名前はユーグ=アルマン。ジルタリア帝国、敵国の大錬金術師と呼ばれている人物です。彼は魔法耐性がついた青いゴーレムを使い攻撃をしてきます。しかしエリオが制御権を奪い、彼は逃亡、事なきを得ました。

アルマンがどんな人物か気になりますよね…。それはいったん置いておいて、目的のディランくんを見つけたエリオたちは、彼の傷を治してここに来た理由を問いただします。

「そうだ。レジィナが好きだから、
私は助けに行くのだ」
(60ページ 引用)


ローエンブルク聖王国に捕まっている、姫様を救出しようと思っていたディランくん。しかもその理由は、彼女のことが好きだから。もうね、大好き! 私こういうおとぎ話的ロマンティックな展開に弱いんですよ。皆さんはどうですか? 半分半分かもしれませんね。


ケモ耳のお姫様

さて、そうして今度はファランド皇国皇帝の血を引く少女・レジィナ(レジィナ=フェリクス=ファランド)を救うことになっていきます。ゲームみたいで良いですよね。

ラキアの幻惑魔法で透明化して城に潜入して地下牢へ。途中でフラミリスとディランくんの姉弟のシーンがあるんだけど、妹に世話されている感じで微笑ましかったんですよ! もし、フラミリスが居続けることを選んでいたらと思うと、温かくなりますね。

地下牢へ進んだ一行はレジィナを見つけますが、固い鎖で繋がれていました。イラストはスヤスヤお休み中なんですけどね。外したら死ぬ、けど外さなきゃいけない。そんなとき、ディランくんが持っていた聖剣の力が役立ちます。

「宝剣パルクラヴィスよ、
我がシルビアの血の盟約に従い、
その力を示せ!」
(99ページ 引用)


杭を外せて脱出――とはいかないのは、お約束。敵と戦うことになって。もう1つの宝剣の力によって、将軍を倒して無事終了。レジィナとディランくんの痴話喧嘩も見れて、甘々なのも大満足です。

魔導大戦

レジィナを連れ帰って終わり――というのが今回の話ではありません。助け出したことによって、敵国のローエンブルクが大国2つに攻めこまれる事態に発展していきます。

民を守るため、敵味方関係なく、エリオたちも大戦に参加することになって。ここからはネタバレすぎるので言えないんだけど、神獣三体の対決にアルマンとの対決。新たな魔法技術も出てきて、それでも仲間たちと一緒に創換魔法で戦う。

いつかは人間が技術に追いつく日も来る。歴史を少し変えてしまったかもしれないけれど、歴史はその場にいる人たちで作られる。歴史を巡る物語は面白かったです。


2巻まとめ‼


というわけで2巻の感想・レビュー?でした。

魔力塔が壊れて前の時代から20年後に主人公たちが目覚めましたね。ディランを探していたら、大錬金術師と戦うことになって、次はレジィナ姫を救うことになっていまいました。

そこから始まっていった魔導大戦。神獣三体が戦って、アルマンとの対決。創換術vs練命術のどちらが勝つのか、仲間と協力して掴み取った未来、そしてこれから進むはずのレジィナとディランの恋。
歴史を巡る物語は、今回も面白かったです。

歴史の流れを想像するのは楽しいですよ!

3巻は未来で戦ったりするのかな? もしかしたらまた10年後とかに目覚めたり? いずれにしても3巻楽しみです!

以上、ラノ感でした!