img20190711_20425565 (2)

著者 石崎とも イラスト 阿古わざき

目が覚めたら記憶がない⁉
別人格が元の人格を演じる
ハーレム青春ラブコメ!

あらすじ


高一の夏休み。事故にあった秋山野要はベッドの上で目覚めた。三人の美少女に囲まれて――。 今がチャンスだと言わんばかりに、記憶を失ってしまった要に、あること無いこと吹き込もうとする少女たち。「わたしとらぶらぶだったの!」「要様の心を射止める争奪戦を開始しよう!」「したくない? アタシとキス」美人な親友に、自称妻、さらには愛人まで現れ・・・・・・『秋山野要』って何者!? モテモテすぎる『秋山野要』と、身体が同じなだけの、まるで別人格な自分。突然、美少女たちの愛を一身に受けることになった要の選択とは――!?
(電撃文庫公式サイトより)


内容と感想


1章までのお話

目が覚めたら自身の記憶が無くなっていた主人公が、元の人格を演じながら3人の美少女と過ごすハーレムラブコメ。

事故にあい病院で入院していた主人公・秋山野要は目覚めると、知らない3人の女の子に囲まれていました。彼は自分についての記憶が全くなかったのです。

自称嫁の春園花桃、自称愛人の冬木風華、〇すと脅してくる夏葉南天から、元の人格である『秋山野要』のことを聞いたけれど記憶が戻る気配がありません。

花桃と冬木に嘘の記憶を与えられながら病院で過ごしていた要は、夏葉から記憶について意見を聞き、彼女の涙を見て『秋山野要』の演技を始めたのでした。


感想

記憶を失った主人公が元の人格である「秋山野要」を演じている様子と、3人の美少女それぞれの「前」と「今」の要に対する心情の違いが楽しめました。面白かったです。

『秋山野要』を演じることにした主人公は、花桃と風華、従者の流水に助けられながら、退院後も他の人にバレないよう演技をすることになります。老若男女から愛される「要」を演じた後、知っている人だけになって主人公に戻る、このスペックが違う相手に合わせた落差が楽しかったですね。

主人公は演じ続けていった中で『秋山野要』と今の自分、どちらに進むか迷い始めます。面白さが分かれてくるポイントでもあったと思うんだけど、人間を作っているものが何なのか、記憶が戻ってしまえば消えてしまう人格。家出した夏葉を探し出し、選んでいく展開に考えさせられました。

主要キャラは4人。主人公と花桃、風華、夏葉! 主人公は元の人格に嫉妬したりしながらも、人のために演技できる良いキャラでしたね。花桃は許嫁で明るいけど、前の要に対して求めていたものを今できているという心の内が切なくて。

風華は自虐ネタを止めてくれたら…うん。夏葉は今回の重要キャラなんだけど、要に迷い決断するツンデレ具合いが可愛かったです。


事故にあい目が覚めたら自身の記憶が無くなっていた主人公が、元の人格を演じながら3人の美少女と過ごし、記憶と向き合い歩んでいくハーレムラブコメです。

気になった方は読んでみてください。


以上、ラノ感でした!

レーベル
電撃文庫
ジャンル
ラブコメ
おすすめ度(評価)
★★★☆☆
ページ数
280
発売日
2019年7月10日


章ごとにまとめてみた!

男性女性バトルエッチな?ページ数
1章1+13
×
×
76
2章1+43+3
×
×
91
3章1+13
×
×
37
4章1+13
×
×
53
合計1+43+3
257

キャラは(主要人物+その他)
台詞がない、名前がない、
人数が分からないキャラは
カウントしてません。
(例:クラスメイト)
あるが〇ないが×微妙が△です。
(管理人が思った通りに書いているので、
〇×△は多少の違いがあるかもです)

キャラの内訳は以下の通りです。
(押したら見えます)
表示する


男性男性(他)女性女性(他)
1章 冬木医師花桃、風華、
夏葉
なし
2章冬木医師、
流水、担任、
眼鏡クラスメイト
花桃、風華、
夏葉
ソメイ、
天文同好会長、
糸目のクラスメイト
3章冬木医師花桃、風華、
夏葉
なし
4章担任花桃、風華、
夏葉
なし
合計冬木医師、
流水、担任、
眼鏡クラスメイト
花桃、風華、
夏葉
ソメイ、
天文同好会長、
糸目のクラスメイト