こんにちは夕凪真白です!
今回も変好きアニメの感想と、原作の違いを語っていくよ!


優柔不断な王子様⁉


今回の第2話は、原作だと第1巻の105ページから152ページまで、コミックスだと2巻の中盤、52ページまでがアニメになっていました! 

前回の簡単なあらすじ(内容)から始まった第2話の変好き。紗雪先輩がドMだって判明してからちょこっとだけがOPまで。

皆さんはもちろん、第1話見てくれていますよね。
賛否両論いろいろ言われているけど、原作好きな1人として――


面白くなかったって言う人も原作見て!!

38
(アニメ公式サイトより引用)


さて、紗雪先輩がドMだって判明してからちょこっとだけがOPまでで、明けてからは沖田先生が「部室の鍵が開いていた」という重要な証言をして、翔馬くんとのシンデレラ探しについての話になります。

1話の感想でも言ったんだけど、ほぼ原作通り! 「慧輝……そっち系に目覚めたのかい?」(第一巻113ページより)もありましたからね。その後の南条との会話はなかったけれど…。

25
(アニメ公式サイトより引用)


その後、慧輝くんは図書室で唯花と一緒に図書委員の仕事をしていきます。しかし、そこに紗雪先輩が現れて。下から現れるのは心臓に悪いよ! ほんとに!! 

唯花は彼女からデートの話を聞いて、いろいろあってデートの流れになります。紗雪先輩が持っていた本、実は違う作品にも登場してる?ので、花間燈先生の他作品もチェックしてみてください!

69
(アニメ公式サイトより引用)


さて、唯花ちゃんとデートが始まっていきます。瑞葉がサポートしてくれてるっていうのは、原作では「『デートの心得』を叩きこんでもらった」って書かれているだけで、「その4」みたいなのはなかったですね。「その1」って言ってる瑞葉の声、かなり気にいってます!

28
(アニメ公式サイトより引用)


映画館に行って、なんかわからないけど映画を観て、ナンパから助けて抱き付いて終わるデート。ここも原作通りですね。

その後、過去の話になるんですが、原作では電車に乗って帰るって書かれているけど、ここの部分にはありません! どこにあるかは調べ中です! (追記)3巻の第2章(61ページ)の内容でした! 

帰った後は、次の日?になって翔馬くんとの話から唯花の呼び出し。ここからは原作読んでる方だったら分かりますね! 〇〇咥えさせられて、変態な後輩誕生です! 

「慧輝先輩、
唯花の奴隷になってください!」
(147ページ 引用)



まとめ

というわけで、だらだらと変好き第2話の感想やっていきました。

いろいろいわれていたけれど、作画は悪くはないと思ってます。CVについては慣れてきて、原作との違いも出てきて、アニメの変好きワールドが楽しめたんじゃないでしょうか! 

第3話「恥ずかしがりやのシンデレラ⁉」は原作第1巻のラストまでになりそうですね。コミックスだと2巻のラストぐらい。来週も期待しながら、感想やっていきたいと思います!