img20190609_20565729

著者 有象利路 イラスト かれい

電撃文庫が放つ新時代の[汚点]⁉
あの漫画も出版社もネタにする
発売前から話題沸騰の
ギャグファンタジー!!

目次

 1 ▯あらすじ
 2 ▯感想
 3 ▯章ごとにまとめてみた!

あらすじ


「ところでコレ、ホントに出版するの?」編集長の鋭い眼光とその言葉に、担当編集の命は風前の灯火であった。本作は『賢者にして勇者である最強の称号《賢勇者》を持つ男が、弟子(おっとり巨乳美少女)とともに社会の裏に隠れた悪を断罪する』という“ザ・今時のライトノベル作品”としてスタートした。だが作家からあがってきた原稿は、全裸のイケメン(賢勇者)をはじめ、筆舌に尽くしがたい変態仲間たちが織りなすナンセンスギャグギガ盛りの――いわば「なぜか堂々としている社会悪」的な何かであったのだ(ついでにヒロインの胸も削られていた)。「だ、出版(だ)します! 面白いですから!」超言い訳っぽい担当の言葉は真実か!? ――その答えは、君の目で確かめろ!
(電撃文庫公式サイトより)


感想

この物語はフィクションです。
実在の人物・団体等とは
一切関係ありません。
ほんとだよ。
(120ページより引用)


変態たちが下ネタとパロディネタに走り、ぺちゃぱいツッコミ少女が叫ぶ、担当編集者も壊れ始める問題作なギャグファンタジー!

最難関ダンジョンと呼ばれる『欲望の樹海』を抜けた先の草原にある、一軒家に住む賢勇者と呼ばれている主人公、シコルスキ・ジーライフは今日も裸。弟子のサヨナにツッコミを入れられ、相談にやってきたお客様に対応します。

今回やってきたお客様は騎士。彼は鎧を全裸できることに快楽を得る変態で、シコルスキを見て、鎧を脱ぎだして全裸になります。裸族二人に囲まれ、サヨナは頭が痛くなるばかり。そんな騎士のハマジャックは、鎧に勝る快楽が得られる衣類の相談しにやって来ていました。

彼の悩みを解決しようとシコルスキは服を作り、出来上がったものをサヨナに着させます。肌に吸い付くような素材、肌を異様に見せる服。そう、彼が作ったこの衣服は《救水》(すくみず)だったのです。

《救水》を渡し、むかえる実演会当日。諸国の王族や貴族など豪華な来賓客がいる中、《救水》を着て鎧を脱ぎだすハマジャック。しかし鎧を外して見せた姿は《救水》が半分に裂け、大事な部分がポロリしており、王から「死刑」を宣告されたのでした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ぼくたちの青春は覇権を取れない。』を書かれた有象利路先生の新作ですよ!
前作とはうって変わって、何があったのか心配になるぐらい、編集を巻き込み派手に飛び越えたギャグパレード。下ネタやパロディを騒ぎ出す登場人物たちに、いろんな意味で「ひどい」と思ってしまう、笑わずにはいられない作品でした。すごく面白かったです。

あらすじからネタ!

twitterとかであらすじや謳い文句が話題になっていて、気になって最後まで読んで、一番始めの感想が「ひどい」なんです。もうそのくらいボケとツッコミ、ギャグのオンパレードでした。開始3ページ目から主人公が裸で登場していきます。そこはまだ何とかこらえれますよね。

その2ページ後、騎士が鎧を脱ぎだして、全裸2人と表情を隠せていないサヨナの挿絵があるんです。もうここで私は笑っちゃいましたよ。そこからは全力モード。スク水を引っ張ってパチーンって痛めつけたり、王様の前であられもない姿をさらしたりしていきます。

友人のユージンを巻き込んでさらにヒートアップ。キノコの胞子を浴びて、身体にキノコが生えてきたとおもったら、挿絵にまでボケをかわしていくんです。「このシーンは挿絵にお願いしているので、君もポーズ取って下さいね」なんて言ったりもするんですよ。

3話以降もギャグは静まる様子はありません。前作『ぼくたちの青春は覇権を取れない。』と、その作品の挿絵を担当したうまくち醤油先生の宣伝をしたり、電撃編集部の実在する住所をマスコットにして遊んだり、さらにはKADOKAWAや他の漫画、ラノベ、異世界転生者が出てきてもう止まらない。

登場人物たちも変態や変人ばかりで、主人公もそうなんだけど、シリゆる会の会長の異常さはおかしかったですね。そんなカオスな状況でも、ちゃんとツッコミをしてくれるサヨナとユージン。危ないネタにも対応して、ラストの急展開。パワーあるリズムあるギャグテンポは、癖になってしまいそうな面白さでした。

イラストはかれい先生
表紙のサヨナが目を回しているところが、もうこの作品のすべてを見ているようで怖いですね。

一番好きだったイラストは101ページ!
サヨナと魔王のカグヤがメイド服を着ているシーンの挿絵。メイド服な2人が可愛い!! サヨナはある部分を見て僻んでるけど、裾?を掴んであげてるところが、小さい体にあわないメイド服を着ているみたいで。カグヤは明るい店員のような笑顔が良かったです!


登場人物たちが下ネタにパロディに出版社をネタにする、ボケとツッコミ問題だらけのギャグファンタジーです!

気になったら、ぜひ読んでみてくださいね。


作者さんが【発売日=命日】って言っちゃってるので、2巻は無いのかな…。前作みたいにWEBに投稿されるかもしれないけど、はたしてどっちなのか。2巻、もしくは次回作も楽しみにしています!

以上、ラノ感でした!

レーベル
電撃文庫
ジャンル
ファンタジー
おすすめ度(評価)
★★★★☆
ページ数
328
発売日
2019年6月8日
バトルシーン
エッチな?シーン


章ごとにまとめてみた!

男性女性バトルエッチな?ページ数
第一話1+21
×
34
第二話1+11+1
×
40
第三話1+21+1
×
×
38
1+21
×
×
4
第四話1+21
×
30
第五話1+21+2
×
44
第六話1+21+1
×
40
最終話1+61+3
66
エピローグ1+11
×
×
8
合計1+121+6
304

キャラは(主要人物+その他)
台詞がない、わからないキャラは
カウントしてません。
あるが〇ないが×微妙が△です。
(管理人が思った通りに書いているので、
〇×△は多少の違いがあるかもです)

キャラの内訳は以下の通りです。
(押したら見えます)
表示する


男性男性(他)女性女性(他)
第一話シコルスキハマジャック、
サヨナなし
第二話シコルスキユージンサヨナサヨナ姉
第三話シコルスキユージン、
電撃文庫編集部
サヨナカグヤ
シコルスキ神、俺サヨナなし
第四話シコルスキユージン、
ロマン先生
サヨナなし
第五話シコルスキ会長、変質者サヨナユズ、
会長の元妻
第六話シコルスキユージン、
アーデルモーデル
サヨナアーデルモーデル母
最終話シコルスキユージン、ゼックス、
会長、ハマジャック
アーデルモーデル、
電撃文庫編集部
サヨナカグヤ、
店員、
メイド
エピローグシコルスキアデルサヨナなし
合計シコルスキユージン、ゼックス、俺、
会長、ハマジャック、王、
アーデルモーデル、神、
電撃文庫編集部、アデル、
変質者、ロマン先生
サヨナサヨナ姉、ユズ、
会長の元妻、カグヤ、
店員、メイド、
アーデルモーデル母