img20190428_20494020

著者 つちせ八十八 イラスト 憂姫はぐれ

リティシアの世界征服開始⁉
気づいたらスコップと言ってる
冒険ファンタジー第2巻!

目次

 1 ▯感想‼
 2 ▯2巻まとめ‼

感想‼


前巻(1巻)と試し読みまで

前回は、地上に出てきたアランが、リティシア姫を助けて、彼女はスコップ狂になって布教してましたね。

7つのオーブを集めるため「草原の国」と「砂漠の国」で《鉱夫力》を使い、エルフの少女を助けてエルフの城を築城したり、不死の幼女と戯れたり、奴隷の神子を助けて、埋められて死んでいた人たちを生き返らせたりもしていました。

今回は続きで氷の国と水の国!!

温泉に入って体を癒したアランたちは氷の国に行きます。しかし、そこは人も街もすべてが凍っていたのです。冷気の発生源である塔を見つけたアランは、塔で凍っていた賢者、リーズフェルトを助けます。そして彼女もまた《鉱夫力》を知ってしまうのでした。――というのが試し読みまでのお話。


ここからは少しネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。

氷の国と自称氷の賢者

「人間やめますか、
それともスコップやめますか。」
(246ページ 引用)


人間はやめたくないですねw

さて、氷の国で出会った賢者の少女リーズフェルト。この子はアランのせいでいらない子扱いになってました。《氷の魔女》って呼ばれていたのに、服を着てないのに気づいてなくて。最初っから、アランに残念呼ばわりされるかわいそうな賢者。

「クールな氷の賢者の実力、
おわかりいただけましたね?」
(72ページ 引用)


こんなセリフを自信たっぷりにドヤ顔で言ってましたが、かき氷をつくっただけという…。カチュアやアリスにもいらない子扱いされて。可哀そうすぎて言葉も出てきませんよ。

どれもこれもアランのせいなわけです。この鉱夫さえいなければ…物語が始まりませんが、彼女はスコップの魔の手から逃れることが出来たでしょう。秘密を解き明かしたいとか言っちゃってて。完全にスコップ狂の罠に嵌まってますよね。

氷の国では、あのゼルベルクが出てきます。リティシアの国を乗っ取った悪魔です。その悪魔のしもべ、魔術師レイストールと戦う中で出てくるんですが、「スコップ」でおかしなことに…。

リティシアの精神系のスコップ力によって、通信魔法で映し出される顔がスコップになるんです…。何が起こっているのかわからないゼルベルクは、レイストールに怒ったりして。

スコップがスコップが悪いんですよね? スコップは本当に何なんでしょうか。わけわかんないですよ。(※この作品でスコップのことを考えたらいけません)

貿易都市と貴族様

貿易都市、ラクティアにやってきたアランたちは、そこで1人の少女を助けます。ルクレツィア。貴族のお嬢様です。彼女を助けたものの、犯人と間違われて、アランは捕まってしまいます。

そこでルクレツィアはアランを牢屋から出す条件として、奴隷になれといいます。しかしアランはその意図をスコップで掘り起こしてしまうんです。父を殺し、自分を誘拐した犯人を見つけること。

そのためにアランを奴隷にしようとしますが、アランはすぐにスコップで犯人を見つけ出します。墓穴を掘る。掘るといえばスコップですよ。法廷で犯人から直接はかせるんです。

何でもありですよ、この鉱夫とスコップ。ルクレツィアもその後、オーブ探しのために、いろいろ秘密を引き出されて。MF文庫の注意書きまで書かれているほどですから、何があったのかは…うん。これweb版の方では書かれてあるんですかね? 気になります。

お姫様と仲間たち

とんでもない姫さまですよ。アランと一緒にいたいために、スコップ信者を増やし続けて、世界帝国の姫になる。スコップ、すこっぷ、スコ、すこ。っていっている人たちがこれ以上増え続けたら…もうダメですよ。

唯一まともだったカチュアも洗脳され続けて、スコップが聖剣になって耐えながら喜んで。リティシアは「もうちょっと」といってるので、そうとうスコップ狂になっちゃってます。

まともなのは、まだリティシアという化け物に会ったことがない人達…逃げてほしいですね、本当に。アリスは…がんばって、これからも耐え続けてください。

2巻まとめ‼


というわけで2巻の感想・レビューでした。

オーブ探索で氷の国に向かったアレン達が、自称氷の賢者を呼び覚まして、悪魔と戦ったりしていましたね。海の国?では貴族のお嬢様と犯人を探し出して捕まえて。

リティシアが着々と世界征服を企み、洗脳して信者を増やしていく姿。スコップで無双していくアレンの活躍と、壊れそうなほどスコップにあふれる物語は今回も面白かったです。

3巻は2019年秋に発売予定らしいです。天使?が出てきたりもするんだとか。今回書かれていた挿入歌「飛べスコップ」のPVとかも公開されるんですかね? ともかく3巻も楽しみです。

以上、ラノ感でした!