img20190227_22360617

著者 花間燈 イラスト 榎本ひな

第9回MF文庫J受賞作!
願いを叶える天界の林檎?
甘いラブコメを召し上がれ

こんにちは、夕凪真白です。
今回はMF文庫Jから『猫耳天使と恋するリンゴ』の感想やっていきたいと思います!

目次

 1 ▯あらすじ
 2 ▯感想
 3 ▯章ごとにまとめてみた!

あらすじ

高校2年生の一樹が食べた林檎は、どんな願いも叶える『天界の林檎』だった。林檎を食べたことで悪魔に命を狙われることになった一樹は、天界から舞い降りた天使・ミントと協力して『林檎の片割れ』を捜索することになる。悪魔の襲撃、天界の林檎に隠された秘密、次々に迫りくる苦難を乗り越えながら、片割れを手に入れるために奔走する一樹。そんな中、幼馴染の雪姫が急に積極的になってしまって……⁉ 第9回MF文庫Jライトノベル新人賞〈佳作〉受賞作品。恋するリンゴ達と猫耳天使が織り成すラブコメディ。ふんわりまどろむ極上の果実を召しあがれ。
(裏表紙より)

感想


甘い恋愛なんです。リンゴのように甘いんです。おとなしかった雪姫ちゃんが、急に積極的になっていて。主人公の一樹くんは林檎を食べたことで、恋愛感情を失っている。林檎を巡る物語がとってもきれいに描かれていました。

一樹くんのことが大好きで、積極的になったことで押し倒したり、一樹くんのお願いを恥ずかしがりながらも何でも聞いてあげる雪姫。この子の彼への愛情がすさまじいわけですよね。これまで口下手で伝えるのに時間がかかっていたことを、全部吐き出して。世界で一番好きな一樹くんに見てもらおうと迫る。けれど、一樹くんは恋愛感情を失って答えられない。

こんな切ない関係、感動しないわけがないんです!

雪姫に林檎の欠割れがあることは、彼女の性格が変わったことでわかっている。何度もデートして、雪姫は全てをさらけ出して。それでもどこにあるかわからない。一樹くんは悪魔に狙われているため、自分のために林檎を探している部分もあるけれど、雪姫を大事にしていて。

林檎の片割れを雪姫から手に入れたらどうなっちゃうか、雪姫との過去の思い出があとからだんだんと語られて、少し迷って一樹くんは答えをだす。そのとき、きっとこれは「白雪姫」ではないんだなって。1人の少女が1人の少年を想った夢物語だって。それを想うと悲しくなってきちゃうんです。

だってそう思いませんか? 
林檎は食べたらなくなるし、夢は覚めてしまうのだから。

急展開などはあまりなく緩やかだけど、伏線などはたくさんあって。一樹くんと雪姫、ミントのキャラの配置がよくて。辻褄合わせな点があったりもするんだけど、あまくとろける夢のような心地が面白かったです。

イラストは榎本ひな先生
表紙がまず可愛いんですよね! 林檎を顔の近くに持っている仕草、背中から短く生えた羽根、白の洋服に金色の髪。それが天使という神聖さが現れていて。そこに一見合わないような黒の尻尾があることで、不思議さが足されて、近寄りがたい可愛さが出ていました。


私がアニメ化作品以外で初めて読んだラノベで、2013年の11月に発売されてるので、もう5年? それでもこの作品が1番好きで、ラノベを読み続けるきっかけにもなっていて、今でも思い出に残っている。それくらい好きなんです。

語彙力が好きないけれど、少ないなりに、今回はその「好き」が伝わってほしいなって書きました。

ラブストーリーが好きな人ぜひ読んでみて下さい。

作品が読めない方でも1度、イメージソングの「ねがいごと」だけは聴いてみて下さい。きっと素敵な音が耳に入ってくるはずです。

最後に、私が一番好きなセリフをのせておきます。


「もしも私が毒リンゴを食べてしまったら、
深い眠りにおちてしまったら、
キスで起こしてくれますか?」

(222ページより引用)


以上、ラノ感でした!

評価
ページ数バトルエッチな?
★★★★★
264

バトルなどはシーンが、ある(〇)微妙(△)ない(×)です。


章ごとにまとめてみた!

男性キャラ女性キャラバトルエッチな?ページ数
第一章12+1
39
第二章12+1
×
27
第三章12+2
×
50
第四章1+12+2
×
41
第五章12+1
43
第六章1+12+1
×
×
35
合計1+22+2
235+2

キャラは(主要人物+その他)
台詞がない、わからないキャラは
カウントしてません。
あるが〇ないが×微妙が△です。
(管理人が思った通りに書いているので、
〇×△は多少の違いがあるかもです)

キャラの内訳は以下の通りです。
(押したら見えます)
表示する

第一章 男性(一樹)女性(雪姫、ミント+双樹)
第二章 男性(一樹)女性(雪姫、ミント+双樹)
第三章 男性(一樹)女性(雪姫、ミント+双樹、雪姫母)
第四章 男性(一樹+雪姫父)
女性(雪姫、ミント+双樹、雪姫母)
第五章 男性(一樹)女性(雪姫、ミント+双樹)
第六章 男性(一樹+犬天使)女性(雪姫、ミント+雪姫母)
合計 男性(一樹+雪姫父、犬天使)
女性(雪姫、ミント+双樹、雪姫母)