img20190222_18303287

著者 七野りく イラスト cura

赤髪少女はご機嫌ナナメ?
少女たちが増えて波乱を呼ぶ
学園編スタート!!

こんにちは、夕凪真白です。
今回はファンタジア文庫から『公女殿下の家庭教師』2巻の感想やっていきたいと思います!

目次

 1 ▯あらすじ
 2 ▯感想
 3 ▯2巻まとめ

あらすじ

公女殿下ティナとその親友エリーの才能を十二分に引き出し、王立学校へ見事合格させたアレン。入学する教え子たちとともに家庭教師として王都へ戻ってきた僕を待っていたのは……「……強く、なりすぎ、なんじゃない?」「余裕じゃない。これなら本気でやっても大丈夫そうね」かつてアレンが魔法を教えた腐れ縁であり、今は王国にその名を轟かせる『剣姫』リディヤとの一対一での真剣勝負で⁉ さらにその事件の余波で学校での臨時講師も任せられたアレンは、そこでも固定観念を打ち砕く授業で脚光を浴びて――無自覚規格外な教師の魔法革命ファンタジー、学園編開幕!

(裏表紙より)

感想


前巻(1巻)と試し読みまで

前回は魔法が使えないティナとメイドのエリーを、アレンが家庭教師を始めました。ティナを魔法が使えるようにして、ティナのお父さんからの最終試練を2人の少女は見事クリアして、学園への入学を果たした。ってところで終わりましたね。

今回は続きで学園!!
リディヤとの学園試験の回想から始まります。今の2人とあんまり変わらないですねw 起きたらリディヤがいて、家庭教師のことをまだ怒っている様子。そんな彼女はさておき、王立入学を果たしたティナ、エリー、リディヤの妹のリィネは入学式のための衣装に着替えていました。そしてアレンも着替えさせられて――というのが試し読みまでのお話です。

『剣姫』リディヤ

やっと出てきましたよリディヤ。前回は手紙だけだったけど、今回はリディヤの魅力がいっぱいでした。手紙でもなんとなくは分かってたんだけど、ツンデレさんでしたねw 学園でアレンと何があったかは今回もさわりだけだったけど、リディヤが問題起こしまくったっていうのが、この巻だけで伝わってきました。アレンかわいそう…。

さてそんなリディヤ、アレンが入学式を楽しんでいる最中、早速問題を起こします。怒って暴れまわって、アレンと戦うことに。2人の手加減をしている試合が終わって、現れたのはなんとジェラルド王子。アレンを試験に落とさせた張本人です。彼はリディヤに求婚してたんだけど断れ続けたのでした。

そんなジェラルド王子は問題起こしたことで謹慎になるんだけど、最後抜け出して学園で暴れます。彼女に腹を立てるジェラルド、そんな彼をティナとアレンとリディヤで倒すことになるんだけど、『剣姫』と『剣姫の頭脳』としてやってきた仲は絶対無敵。容赦のないバトルは楽しそうでした。

「アレンの『剣』でいいの」(266ページ)や「あんたは私から離れちゃだめ」(136ページ)っていうリディヤは可愛すぎましたね。誰がアレンの隣になるんでしょうか。楽しみです。


少女たくさん

新キャラ増え過ぎじゃない? っていうくらい新キャラが多かったです

まずは名前は出てなかったけど、いることは分かってた、リディヤの妹のリィネ。この子はリディヤに負けず劣らずのやんちゃっ子。次席だから首席であるティナと張り合って、甘えん坊でなでてもらおうと頑張ったりしてました。魔法も強くて、お姉ちゃんみたいにならないことを願いたいですね。

次は、アレンの妹のカレン。獣人族、ケモミミです。アレンは里子らしいので、この子とは義妹になるのかな。生徒会副会長を務めているそうで、雷魔法と強化魔法が強いみたいです。この子は147ページのイラストが可愛くて。鈍感な兄に上目遣いしてくるところがよすぎました。

次は、ティナの姉のステラ。生徒会長です。この子はずっと悩みを抱えているようです。王子が学園で暴れているときは戦えず、妹たちが自分よりも強い魔法で戦っていたときの切なさは、辛すぎましたね。がんばって努力してるのに上には上がいる。彼女は救われるのかは3巻で描かれるそうです。いい未来が待っているといいなぁ。

他にもいるけど割愛!


学園の臨時講師

あらすじにもかいてあったけど、アレンは学園の臨時講師になります。教えるのはティナたちがいる秀才クラスです。闇魔法と光魔法でプラネタリウム?をつくるアレン。イラストでは星座が描かれてるけど何座があるんですかね。どれ1つ、わかりませんでした。

ティナ、エリー、リィネの3人が騒いだ結果、最初は「なんだこいつ」って思ってた生徒達もアレンのとりこに。どれだけ小さい子を好きにさせたら気がすむんですかね、この主人公。すごすぎですよ。


2巻まとめ


学園編開幕ということで、ティナやエリー2人だけでなく、いろんなヒロインたちが出てきて。リディヤとアレンの仲睦まじい様子が描かれながら、1人少女の複雑な想いと、最後にみせたティナの決意。入学式を親御さん目線から見る珍しさもあり、少女たちの可愛さに癒されました。今回も面白かったです。

少女たちがいったいどんな学園生活をおくっていくのか。次回も楽しみにしています。

以上、ラノ感でした!