img20190127_18194289

著者 大城功太 イラスト sune

オーバーラップ文庫大賞受賞作!
魔法を使うには性欲が必要⁉
異世界コメディ開幕‼

こんにちは、夕凪真白です。
今回はオーバーラップ文庫から『異世界召喚された俺がHできない理由』の感想やっていきたいと思います!

目次

 1 ▯あらすじ
 2 ▯個人的おもしろポイント
 3 ▯感想

▯あらすじ

隠れオタクの高校生・守口悠人は、美少女冒険者ミリアの魔法により憧れの異世界に召喚される。ミリアに誘われるまま冒険者として過ごすことになった悠人は、魔法を使うと消費する【MP】のステータスが規格外と判明。魔法チートで一流冒険者を目指すと張り切る悠人だが、この異世界には問題があった。MPがいわゆる【マジックポイント】ではなく【ムラムラパワー】――つまり性欲で⁉ 性欲が溜まるほどMPが溜まり、強力な魔法が使えるこの世界。悠人を強くするため、ミリアがえっちなサービスでMPを高めようと迫ってきて⁉ 悠人の理性が試される冒険者生活が始まる――! えっちでイケないファンタジー!
(異世界召喚された俺がHできない理由 裏表紙より)
 

▯個人的おもしろポイント

①紅眼の禁弾術師!
ミリアは自慢の魔法のファイアーボールで、敵の魔力源である男の子の急所を攻撃していくんです! そしてついたのがこの2つ名。エッチなことに恥ずかしがって、メイドのローナさんにやきもちやいて、バトルで魔法をぶっぱなす! 街を守り続けるヒロインの可愛さいっぱいな言動が楽しいんです!

②MP(ムラムラパワー)!
この世界、魔法を使うためには性欲が必要なんですよ! 強力な魔法を使うには沢山の性欲が必要。だけど悠人くんのMPは9999! 加減調整が出来ないから、すぐになくなっちゃうんだけどね…。媚薬盛られたり、一緒のベットで眠ったり、お風呂に一緒に入ったり。えっちはダメだけど、えっちなことは大丈夫?な日常にドキドキしてください!

③下ネタコメディ!
下ネタいっぱいなんですよね…。清いカッコいいファンタジー世界はなんのその。技名やスキルによる攻撃、二つ名に至るまで、ネタに埋め尽くされていて。(もちろん普通のもありますよ!)繰り広げられるバトルやコメディに笑っちゃうんです。

他にもいっぱいおもしろポイントはありますが、今回はここまで!

気になった方は、試し読みをご覧になられたり、書店さんに行って見たり買ったりしてみて下さいね。

特設サイトもあるそうなので、そちらもぜひ見てみて下さいね。
特設サイトを見たいよって方はこちらをクリック!


▯感想

作者さんは「このすば」に触発されて書かれたそうなんですが、MPがムラムラパワー、魔力=性欲、二つ名から技名、武器やスキル攻撃に至るまで。ほとんどが下ネタ的なコメディでいっぱい

そんな煌びやかで夢見るようなファンタジーではないけれど、明るくて楽しい世界観に、ノリがにていて、コメディがハマっていて。いろいろなジャンルが詰め込まれていて、ヒロインたちの可愛さに癒されながら、こん棒を振り回す愉快なバトルに笑っちゃいました。

言葉選びは違う意味で全力になっていて。ミリアの二つ名が物語の中盤で「紅眼の禁弾術師」に決まるんですが、いい意味でひどすぎるんです。普通に読めば「こうがんのきんだんじゅつし」ですが、「こうがんのきんたまじゅつし」とも読めてしまうという…。他にもこんな言葉遊びがあって、この加減が絶妙でしっかり振り切っていて、面白かったんですよね。


次にキャラ。まずはミリア。すごくまじめで、すぐに恥ずかしがっちゃうんところが可愛い! 家族が欲しくて悠人くんを召喚して、ローナさんにいじられながら、言い訳して抱き付いたりするんですよ? 「恋じゃないから! 家族だからっ!」って否定しちゃうところがまたいいですよね。

そして、ローナさん。2人をからかうメイドさん。媚薬もったり、膝枕したり。だけど、押しには弱くて。「可愛い」って言われただけで真っ赤になっちゃうところが、可愛いんです。


イラストはsune先生
今回も可愛かったです!
一番好きだったイラストは91ページ。
膝枕しているケモミミっ子(ローナさん)の愛らしさですよ! 悠人くんが気持ちよさそうに横になっている中、その姿を静かに見つめているところがいいんですよね! 女の子だけじゃなく、男の子も。205ページのED侍の濃いタッチは侍の狂気さが出ていて、カッコよかったんです!

最後に。2巻楽しみにしてます! ED侍がどうなるのか、3人がどう生活していくのか見てみたいです。

以上、ラノ感でした!

評価
ページ数バトルエッチな?定価
★★★
320
702

バトルなどはシーンが、ある(〇)微妙(△)ない(×)です。