img114 (2)

著者 氷高悠 イラスト 師走ほりお

「今」を精一杯楽しもう!!
すみっこマンガ集団の
熱い学園ラブコメ第2巻!!

こんにちは、夕凪真白です。
今回は講談社ラノベ文庫から『それでも僕は、モブキャラが好き』2巻の感想やっていきたいと思います。

前巻(1巻)の感想はこちらをクリック!

あらすじ

佐由梨たちの入部により、廃部の危機をなんとか回避することができて。マンガやアニメの話をしたり、ゲームで遊んだり、マンガを描いたりといった、『すみマン』の平和な毎日は続いていた。けれど、そんな僕たちの日々に変化が訪れる。文化祭が近づいたある日、幽霊部員状態だった、現団長である佐倉川真音先輩が、ふらりと姿を現したのだ。現役女子高生マンガ家でもある真音先輩の復帰で、僕たち『すみマン』の人間関係も少しずつ変わっていく。そして、僕は真音先輩から、アシスタントになることを持ちかけられる。しかしそれは、『すみマン』での部活動といずれかの選択を迫られるもので……? モブキャラな彼女と繰り広げる学園ラブコメ第二弾!
(講談社ラノベ文庫公式サイトより)

感想

「すみマン」という作者さんが体験した実在するサークルを、モチーフにされている。1巻ではその楽しかった毎日が描かれていました。今回2巻はそんな毎日が変化していく、楽しい部活動からの「卒業」が1つのテーマ! 幽霊部員だった団長が部室に現れて、ギクシャクしていく部活の雰囲気。アニメやラノベなどが好きな人が楽しめる、オタクの集まり『すみマン』はどうなるの?っていうのがシーン1までのお話でした。

先輩のアシスタントになるか、『すみマン』に居続けるか。「未来」は大切だけど、「今」しかないこの瞬間。時間が進めば「今」はどうしても変わっちゃう。漫画家になりたい、けど、みんなといる時間も楽しい。優柔不断だけど、どっちも想いは変わらない、主人公の嘉島くん。残り僅かな部活の日々、「今」か「未来」か選ばなきゃいけないお年頃。考えた先に見つけた嘉島くんの答えは感動しました。

1巻では出てこなかった団長の真音先輩。この先輩の「冗談だよ」っていう言葉がすごく響きましたね。幽霊部員になってマンガを書き続けて、好きだった部活も変わって。きっと彼女も楽しい「今」を望んでいたんだと思うんですよ。だって、『すみマン』に入ったんだから。ラストの言葉「『今』を精一杯楽しんでね」(P.246)はそれを語っているようで切なかったです。

他の部員も関係が変わっていって。モブキャラだった佐由梨も1歩踏み出し、一緒に踊った男女は永遠に結ばれるという噂の、キャンプファイヤーに誘って。瑠依も美園も嘉島くんに近づいて。最後は――ネタバレになるから言わないんだけど。部活の楽しさ、キャラクターの生き生きとしている様子。それが作品全体から感じられて。悩み、迷い、それを含めた『すみマン』の日常は、すごく面白かったです!

次回作楽しみにしています!

以上、ラノ感でした!