img113 (2)

著者 出井愛 イラスト 西沢5ミリ

台詞だけで地の文なし!?
新感覚のベタ甘ラブコメ!

こんにちは、夕凪真白です。
今回はMF文庫Jから『何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?』の感想やっていきたいと思います。

目次

 1 ▯あらすじ
 2 ▯個人的おもしろポイント
 3 ▯感想
 4 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

▯あらすじ

この小説はラノベ好きをこじらせた“ぼっち”の安藤くんと“学校一の美少女”の朝倉さんが交流する物語である。ザ・委員長ちゃんや爆乳元気っ娘、安藤くんの妹ちゃんが登場することもあるけれど、99パーセント(編集部調べ)安藤くんと朝倉さんがイチャイチャしている(クラスメート視点)だけの悶絶必死の甘々ラブコメなのだ。そんな甘酸っぱい日々がずっと続く――と彼らも思っていた……けれど?「私、安藤くんが大好きなの!」突如として飛び出した朝倉さんの告白が、彼らの関係をちょっと進めたり、やっぱり進まなかったり……?Webで悶死報告多数! すれ違いが絡まり合う新世代の学園ラブコメディ、待望の書籍化!
(MF文庫J公式サイトより)

▯個人的おもしろポイント

①地の文がない!?
地の文がないんです! 会話と心の声だけなんです! 登場人物はすべて会話と心の声があるんです! あまりみない珍しい、台詞だけのラブコメはいかがでしょうか! 

②残念美少女とぼっち!
会話では普通に答えたりしてるんだけど、内心ではすごく焦ったりしてるんですよね…この2人。ラノベが好きだから話したい朝倉さんと、おかしな勘違いをする安藤くん。すれ違う2人の会話劇は内心もみれて楽しいんです!

③甘すぎるラブコメ!
恥ずかしくなるくらい、甘々なんですよね…。お互いに好きなのに、隣にいるだけだったり。妄想こじらせたり、etc。1話のほとんどが4ページ。いつでも短時間で読める、2人の甘すぎるもどかしいラブコメは面白いんです!

他にもいっぱいおもしろポイントはありますが、今回はここまで!
気になった方は、試し読みをご覧になられたり、書店さんに行って見たり買ったりしてみて下さいね。
カクヨムさんやなろうさんで公開中の作品なので、ぜひそちらも、みてみて下さいね!

▯感想

台詞だけの甘すぎる学園ラブコメ! ジャンルはラブコメですね。ラノベを読んでいる男の子と近づきたいけどダメなヒロインと、美少女に近づかれて離れようとする主人公の、いちゃいちゃで甘すぎてじれったい作品でした。

地の文がなくて、会話と心の声だけ。どちらの心の声もみれるのは、キャラ同士の気持ちがわかって楽しかったですね。地の文があるかないかは好みがわかれるところだけど、1話の短さで気軽に毎日1話ずつでも読めるようになっていました。進んだり進まなかったり、ラノベが好きな高校生2人の距離は、ずれまくりで甘々すぎてもどかったけど、会話劇が楽しくて。面白かったです!

次にキャラ。まずは朝倉さん。美少女なのに、残念すぎる…。話しかけられなかったり、変な解釈したり、心の中で叫んだり…うん。恥ずかしがって、嫉妬して、積極的なときは可愛いんだけど、ときどき変な子でした。そして安藤くん。わかりやすいんだから早く気づいてあげてよ! ぼっちは鈍感だから困りますね…。デートを遅刻するのもありえないし…。ラノベ好きのダメな男の子でした。そして委員長。いいキャラでしたね。この子がいなかったらどうなっていたか。内心の台詞は朝倉さんと似てる部分があったけど、大丈夫かな? 普通でいてほしいですね。

イラストは西沢5ミリ先生。
一番好きだったイラストは213ページ!
口元に手を近づける仕草がかわいい! 手をつなぐだけですごくはずかしそうで、私服もおしゃれできれいです。髪型は流れるような黒髪で。朝倉さんの美少女さが感じられるイラストでした!


ちょっと違うラノベが読みたい方、ラブコメが好きな方、おすすめします!

以上、ラノ感でした!

▯章ごとにいろいろまとめてみた


朝倉委員長桃井エッチな?ページ数
第一章××××13
第二章××××52
第三章121
第四章×61
合計247+4

名前が書いてあってもセリフがない、
登場してない場合はカウントしていません。
主人公はカウントしてません……
キャラは出ているが〇出てないが×です
キャラ以外はあるが〇ないが×微妙が△です
(キャラ以外は管理人が思った通りに
書いているので、
〇×△は多少の違いがあるかもです)