img098 (2)

著者 花間燈 イラスト sune

書道部VS生徒会!?
変態湧いてくる系ラブコメ6巻!

こんにちは、夕凪真白です。
今回はMF文庫Jから『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』6巻の感想やっていきたいと思います!

あらすじ

ついに、書道部なのに書道をほとんどしていないという至極当たり前な指摘を生徒会から突っ込まれた俺with変態娘たち。さらには部長による部費の使い込み(バニーガール衣装代)も発覚して、補填のためにお金を稼がなければならなくなり……え? 今回のペナルティとして俺が生徒会の人質に!? 会計の愛梨に冷たい視線を向けられながら、副会長の彩乃に執拗に匂いをかがれながらも生徒会の臨時役員として奔走する日々が始まった。書道部のためにもこんなことをしている場合じゃないのに……あれ、生徒会も美少女揃いで、案外悪くないかも……? 中高生男子に圧倒的支持な変態湧いてくる系ラブコメ、変態VS生徒会編、突入!
(MF文庫J公式サイトより)

感想(少しネタバレ)

前回は小春と翔馬が付き合って、バニーガールな4人が部室にいて、廃部という危機に?というところで終わったけど、今回は生徒会! ついに出てきました生徒会長! 名前は鷹崎志帆。ゲームが好きな女の子です。そんな生徒会長、愛梨がもってきた写真をみても、廃部にはしませんでした。いい人です。だけどまだ廃部にしたい愛梨ちゃん。そんな愛梨に鷹崎さんは書道部に通ってみることを提案して。頑張って廃部を免れようと書道に打ち込む4人。書いてることはあれですけどね。そんなこんなで書道部通いは続くんだけど、途中で愛梨の意外な?秘密が明らかに! やっぱりかと思ったところで、紗雪先輩の部費の使い込みが発覚して。慧輝くんが生徒会にーーというのが試し読みまでのお話。

50ページなので長くなっちゃいました…。

さて、生徒会のメンバーが揃いましたよ!
生徒会長の鷹崎志帆。
副会長の藤本彩乃。
会計の長瀬愛梨。
書記の三谷凛。
これで全員です。この子たちが、変態じゃなければ……もう1人はいるんですけどねw
(今週辺りに、このブログで『変好き』のキャラをまとめたものを、書くつもりなのでよかったら、見に来てくださいね?)

今回の6巻は、この4人の生徒会メンバーと、いつもの書道部メンバー4人の対決みたいになっていました。今回出てきた2人、志帆と凛。志帆はゲーム大好きな女の子で、凛はあだ名をつけるのが好きな明るい子。どちらも可愛かったですね! 志帆とのシーンは今回あんまりなかったんだけど、凛の方はあって。慧輝くんは2度も着替え中に…。そして、途中でこの子も〇〇だと判明して。生徒会はどうなるんでしょう。気になります。

さて今回、独り占めをした彩乃さん。かなりいい感じになってきました! 彩乃さん好きな私ですが、これはもっと好きなっちゃうレベル。目安箱からの2人でデートシーンはすごく良くて。デートプランを考えて、ネコカフェ行ったり、家に行ったり、勉強したり。「好きな人と一緒なら、それだけで素敵なデートになりますよ。」(p162 l.15)のこの台詞! 可愛さが前面に出ていて、すごく素敵でした。あのメンバーの中でも「匂いフェチ」はだいぶマシな方。しかも好きな人の匂いを嗅ぐのがちょっと?好きなだけですから。応援です!!

そして書道部4人。生徒会にとられて、彩乃さんにとられて、後半で慧輝くんを、このまま生徒会に残らせないように、色仕掛けやらトラップやらを仕掛けていくのは、頑張り方の間違いがすごくて面白かったですね。瑞葉はギリギリのところを責めていましたし。だけど、不安になっていく紗雪先輩との仲。紗雪先輩が悪いとはいえバイトバイトの日々。気づいたら慧輝くんの隣に彩乃さん。言っちゃいけないセリフだと分かっていても、言っちゃう。ラストの紗雪先輩の涙は辛かったですね。

生徒会のメンバーが集まり、彩乃さんとの仲が深まる6巻。変態がふえていき楽しく過ごしていく中、1人の子と仲が良くなり、好きにだからこその、彼女たちのこみ上げる想いに胸を打たれました。とても面白かったです。

間違えば終わりに向かっても行きそうなこの仲たがい。
この展開は今後どうなっていくのでしょうか。
7巻以降も楽しみにしています!

以上、ラノ感でした!