img097 (2)

著者 佐倉唄 イラスト 桝石きのと

林間学校で陰キャ営業!?
異文化コミュニケーション
ラブコメ第2巻!!

こんにちは、夕凪真白です。
今回はファンタジア文庫から『陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ……』2巻の感想やっていきたいと思います!

1巻の感想はこちらをクリック!

あらすじ

陰キャラな俺・九条静紀に、林間学校の季節がやってきた。皆でカレー作りだの、テントでお泊りだの、そんなの楽しむ奴は、陽キャラだけだ。(一応)恋人になった陽キャ度100万%の春日陽奈ときたら、そりゃもうテンションアゲアゲで……「キャンプファイヤーで、静紀くんと絶対キスしてみせるね♥」うん、絶対回避しよう。いかに地味に忍ぶか考えていたら、「林間学校で、レミを陰キャアイドルに育ててほしいの!」と、マジモードな新宮からも意味不明なお願いを受けてしまう。何か事情がありそうだから”仕方なく”協力するが、なんで陽キャイベントで、俺が頑張ってるんですかね……。
(陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ……2 裏表紙より)

感想

前回は陽奈ちゃんと仙台駅の真ん中でいろんなことして終わったけど、今回は林間学校! 静紀くんの共感できる陰キャ語りがあっての、陽奈ちゃんとのイチャイチャ! おいかけっこしてたのは部室の前で秋月ちゃんにみられちゃって。部室に入るとそこには、バニーガール姿のおかしな女性が! どうやら特進部の副顧問らしくて。林間学校始まりますーーというのが試し読みまでのお話。

アグリー!!

遥ちゃんのこの台詞、すごく好きなんだけど、共感する人いるのかな? 
いろんなときに使えそうだし、汎用性高いよね。アグリー! 

さて、今回は新宮ちゃんのメイン回でした。
陰キャ営業(アイドルに陰キャらしいことをやらせて、ドルオタに親近感を持たせようとする営業のこと…らしいです)で静紀くんにプロデューサーをやらせて、陰キャラを学ぼうとする新宮ちゃん。先生にアイドルを目指すことを反対されて、林間学校で先生に認めてもらおうと頑張る姿はカッコよかった!

1巻ではちょっとファンについて分かっていなくて、空回りしていたけど。今回の新宮ちゃんは自分から陰キャを学ぼうとしていて。夢を追いかける、その姿はまさに青春! 先生にいわれてちょっと心折れちゃうときもあったけど、静紀くんの陰キャラ流アドバイスを貰って、踏み出していく姿。可愛すぎますね! 

キャンプファイヤーでライブからの、先生との最終対決は陰キャと陽キャの言葉が合わさって、マッチングがすごい。陽奈ちゃんとでもこの答えは、出せなかったんじゃないかな。かなりよかったです。もちろん、そのあとの最強無敵の収束方法も! 陽奈ちゃんと新宮ちゃん。どうなっていくんでしょう。楽しみです。

そして、陽奈ちゃん!
今回は新宮ちゃんに奪われる形になっちゃったけど、静紀くんのことが大好きすぎるのは、変わらなかったですね! 最初っから陽奈ちゃん全開で、すごすぎました…。まさか、あそこまでやっちゃうか…っていうシーンも1巻同様にあって。陽奈ちゃんの陰キャな姿は想像できません! いろいろあったけど、最終的には静紀くんとの仲も戻って、負けないメインヒロインになってほしいですね。

そして、忘れてはいけない2人。
遥ちゃんは「アグリー」で変わらずで、秋月ちゃんはだんだんと静紀くんとの距離が近づいていって。これから2人がどうなるか。わくわくです!

夢を持つ少女の頑張る姿勢。陰キャラ、陽キャラの違う感性から生み出される新たな答え。振り回されながらも気付き合う、彼らのイチャイチャいっぱいな青春は楽しくて、すごく面白かったです!

3巻楽しみにしています!

以上、ラノ感でした!