img091 (2)

著者 ひなた華月 イラスト 花ヶ田

洗脳ゲームで好きになる!?
洗脳がもたらす光と闇とは!

こんにちは、夕凪真白です。
今回は講談社ラノベ文庫から『めんたるあぷりけ~しょん』のご紹介と感想をやっていきたいと思います!

目次

 1 ▯あらすじ
 2 ▯内容紹介
 3 ▯感想
 4 ▯章ごとにいろいろまとめてみた

▯あらすじ

突然見知らぬ美少女が「ずっと好きでした、あなたにならなんでもしてあげる!」なんて言いながら迫ってきたら? 『アプリ研究会』の一員である見廻景吾に訪れた刺激的な出会い――研究会の会長である蒼鳥唯が作った「めんたるあぷりけ~しょん」の被験者になった中星奏は、メンタルをコントロールされて景吾ラブ!!になってしまっていた。アプリの効果がいつ切れるのか、どう作用するのかはまだ解明されていない。そんな状態の奏を一人にしておくと、景吾のため犯罪をも犯しかねないため、唯は二人に同居を強制する。そもそもこのアプリを開発したのは、研究会の存続のために実績作りが必要だったと唯はいうのだが……!? 景吾のクラスメイトで新聞部のエースである神村杏はジャーナリスト魂を燃やし、謎多き『アプリ研究会』を調べていくと、奏が何故被験者となったのか、またもや予想外の秘密が明らかになっていく。変化球だらけのラブコメディ!
(講談社ラノベ文庫公式サイトより)

▯内容紹介

〇内容
あらすじがこれ以上言うことがない内容です!
内容を知りたい方は、上にあるあらすじをご覧あれ!

ちょっとだけ補足っ!

「めんたるあぷりけ~しょん」とは

蒼鳥唯が作った、金髪ツインテールの女の子(イヴ)の歌を聴きながら、タップして遊ぶ音ゲーム! イヴちゃんはAIなので言葉も日々変化して、会話も可能! そしてそして、歌を聴いた人は主人公の景吾くんのことが好きになっちゃう! 何度も聴いたら効果は上昇! どんどん好きになっていくよ。他にもいろんな機能が搭載されたステキなアプリなのです!(非売品なので注意してください!)

〇ジャンル

ラブコメ+ミステリー?サスペンス?です!

ちょっとドキリとくるラブコメが好きな方など、楽しめると思います。
(※購入前には試し読みを読んでね!)

〇登場キャラ
見廻景吾
本作の主人公。高校2年生。シスコン。唯先輩に何度も面倒ごとを押し付けられている。「めんたるあぷりけ~しょん」の効果がきれる1か月間、奏と一緒に暮らすことになった。アプリ研究会にはかなり苦労して入っている。

蒼鳥唯
本作のメインヒロイン。高校3年生。アプリ研究会の会長。理事長の孫娘であり特待生で、授業を全く受けずにずっと部室に住んでいる。かなりの天才でいろんな特許持ち。いつも主人公にちょっかいをかける。1度主人公がやっていたゲームを改ざんして、banさせてしまった。メイドの睦さんのことを「むっちゃん」と呼び、お姉三のように慕って甘えている。

中星奏
本作のメインヒロイン。「めんたるあぷりけ~しょん」のβテスト第一号で、プレイしたことにより景吾のことを好きになった。アプリをプレイしすぎたために効果が増大して、景吾の傍にいないと歯止めがきかなくなるため、学校を休んで景吾の家に住むことに。唯にアドバイスを貰っている。

神村杏
本作のヒロイン。高校2年生。新聞部で学級委員長。学級委員長として景吾の身を案じ、いろいろと構ってくれる。アプリ研究会の取材をしようと景吾に頼み込む。クラスメイトから人気がある?

〇個人的おもしろポイント
①めんたるあぷりけ~しょん!
上の方でいろいろ説明しているんだけど、これすごいアプリなんですよ! 音ゲーなんだけど、洗脳アプリで。やり過ぎちゃったら、主人公のことを好きになり過ぎちゃって。このアプリをやる過ぎてしまった(1か月)奏ちゃんは主人公のことを好きすぎで。そして、このアプリには重大なものが隠されているんです。これは中盤から徐々に分かっていって、最後まで読まないと分からないんだけど。このアプリがなぜ作られたのか、どうして奏ちゃんがプレイしたのか、かなり深いです。

②精神操作!
めんたるなんです。操っちゃうんです。ということは?なんです!! AIのイブちゃんと会話が出来る、音ゲーという素晴らしいアプリ。なのにどうして「主人公のことを好きになる」という精神操作、やっちゃいけないものを入れたのか。唯ちゃんの明るい笑顔に隠された秘密に、いろいろと考えちゃうんですよね。

③いろんな反転!
あとがきで作者さんが言っているんだけど、『反転』が1つのテーマになっているんです! 性格反転、かわいさ反転?、などなど。主人公の成長に繋がっているこの反転がどこにあるのか。前半から後半での反転は驚きます。

他にもいっぱいおもしろポイントはありますが、今回はここまで!
気になった方は、試し読みをご覧になられたり、書店さんに行って見たり買ったりしてみて下さいね。

▯感想

アプリによるメンタルコントロール! 前半と後半でストーリー性がガラッと変わって。最初は女の子との王道なラブコメ展開が続くんだけど、途中から衝撃な展開が押し寄せてきて。怖くなっちゃう部分があって。その部分があるからこそ「精神」「心」について考えさせられる作品でした。うやむやになって、ラストがハッピーで終わったので、もっと深堀してほしかったかな。とは思ったけど、予想外な方向に話が進んでいって、感情がみえて面白かったです。

次に、キャラ。奏ちゃんは景吾君のこと好きすぎで。最初は襲ってくるほどだったんだけど、だんだんと効果が薄れていって、普通になって。だけど唯ちゃんの入れ知恵によってまたと。笑っちゃうけど、まじめで和みました。唯ちゃんはバカな子だけど何でもできて、明るくてすごく楽しそう。2人のデートのときは考えながらナビゲーションしていそうで、ギャップも抜群でした。杏ちゃんは…よかったです…よかった(こわかった)……

イラストは花ヶ田先生。
恐怖とワクワクする感じがいっぱいあって好きです!
一番好きだったイラストは、美巳子がベッドインしてくる227ページ!
泣きながらベッドにダイブしてくる美巳子ちゃんが可愛すぎます! 星のヘアピン?もチャーミングで、今にも泣きだしそうな、心配していたといわんばかりの顔! すごく可愛かったです。

主人公のことが大好きなヒロインが好きな方、天才だけどちょっとダメな先輩が好きな方、突然来る恐怖に耐えれる方、おすすめします!

以上、ラノ感でした!

▯章ごとにいろいろまとめてみた


エロシーン?ページ数
START!×5
File161
File239
File3×39
File4××34
File5×37
File6××36
File7××25
合計276

名前が書いてあってもセリフがない、
登場してない場合はカウントしていません。
主人公はカウントしてません……
キャラは出ているが〇出てないが×です
キャラ以外(エロシーン?)は
あるが〇ないが×微妙が△です
(キャラ以外は管理人が思った通りに
書いているので、
〇×△は多少の違いがあるかもです)