img20190221_20163307 (2)

著者 花間燈 イラスト sune

新たな変態参戦⁉
先輩と友人の恋が⁉
話題騒然の変態ラブコメ第2巻!


前巻の感想記事はこちらから

キャラ・登場人物をまとめたりもしているので、最新刊まで読了したよって方は、よかったらこちらも見てみてください。

目次

 1 ▯あらすじ
 2 ▯感想
 3 ▯2巻まとめ

あらすじ

パンツと共に部室の机に置かれていたラブレターの差出人を探っていくうちに、突如湧いてきたドS、ドM、腐女子……身近な人間が変態だらけであったことが発覚してしまったその日から、俺の平和な日常は一変した。……けれど俺はまだあきらめない!だって俺のシンデレラはまだどこかにいるはずだからっ!今日もパンツを落としたシンデレラの正体を探して……え、ちょっと待って、まだ湧いてくるの?ロリっ子の恋愛相談に謎の生徒会副会長も参戦して、さらに毎日がヒートアップ!新感覚の変態湧いてくる系ラブコメ、疾風怒濤の第二巻!変態と恋愛って、字が似てるよね!

(MF文庫J公式サイトより)

 

感想


前巻(1巻)と試し読みまで

前回はラブレターの差出人を探して、デートしたりしていたら、ドM(紗雪)、ドS(唯花)、腐女子(南条)の順で書道部に関わっている3人が変態でした。その後に写真が入った脅しの手紙を受け取って、呼び出されたところに行くと、友人の大量の写真と1人の女の子がいた。ってところで終わりましたね。

今回は続きで恋のキューピット!!
脅してきた女の子、小春先輩は慧輝くんの友人、秋山くんのことに片思いしていてストーカーや盗撮をしちゃう変態だったのです。彼女から秋山くんとの仲を取り持つように頼まれた慧輝は、小春先輩を1年生と嘘をつき、ロリコンである秋山くんに合わせたのでした。――というのが試し読みまでのお話でした。

ここからは少しネタバレが含まれるので、読んでない方は注意してください。

ロリコンとストーカー

1巻のエピローグで出てきた子はやっぱり変態でしたね。名前は鳳小春。慧輝くんの親友、秋山くんのストーカーさんです。

img20190420_20433782 (2)


こんなに可愛いんですけどね…。彼女に弱みを握られた慧輝くんは、写真を公開させないために、恋のキューピッド役を引き受けます。しかし問題が1つ。

彼女が3年生だったんですよ

秋山くんは根っからのロリコン。そこで慧輝くんはある案を出します。『小春ちゃんは一年生だよ☆大作戦』

作戦名はともかく、冬服ではスカートの色で学年が分かっちゃうこの学校。なんと夏服はスカートは学年同じでリボンの色だけが違うらしいのです! 

パーカーを着て、リボンを隠したらいけるかもしれない。この作戦がなぜか上手くいくんですよね…。小春先輩は嘘をついて、秋山くんと仲良くなって。物語が進むにつれて、仲が深まっていく彼女たち。

毎日電話したり、慧輝くんと紗雪先輩の4人でボーリングをしたりするんです。いいですよね、こういう甘い一時。ほんと鈍感主人公とは大違いです。そしてやってくる告白の時間。嘘をついていたことも全部言って、想いを告げる小春先輩。

だけど結果は…ネタバレなのでいいませんが。小春先輩が告白するシーンはイラストもあるので、もっと想いが伝わって来ました。変態だけじゃない、普通の恋。青春が繰り広げられていて、甘さが絶妙でトキメキましたよ。

(追記)この話を読んだ後は3巻もいいんだけど、5巻をぜひ読んでみてください。彼女たちのアフターストーリーが描かれているので、おすすめします。

五人目のシンデレラ候補?

周りの3人が変態だと分かった慧輝くんは、小春先輩とシンデレラを探していくうちに、5人目の可能性を考え始めます。

そんなときプリントを落として、階段で転びそうになっている女の子を、慧輝くんは助けるんです。彼女は生徒会の副会長。名前は藤本彩乃

img20190420_20433782 (3)


可愛いですよね。とくに片目を隠しているところが良いです。そんな彼女は助けてもらった後、慧輝くんの胸に顔を押し付けながら、

「お願い。
もう少しこのままでいさせて?
桐生君と……離れたくない」
(57ページ 引用)


ああ、もう可愛すぎない⁉ この台詞で好きにならないわけないでしょ。この後、彩乃さんとは離れては抱きつかれてを繰り返して。

抱きつきながら「充電」って言ったりしてもう可愛い。だけどこの物語で女の子が変態じゃないわけがない

彼女も残念ながら変態だったんですよね。睡眠薬まで使って慧輝くんの〇〇〇を盗もうとする彼女。変態だったことは残念ですが、可愛さはヒロイン級でした。

パンツがなくなる?

ドMな紗雪先輩とドSな唯花が、慧輝くんの部屋で頭をなでたり、バニーガールの衣装を着さされたり…書道部何やってるの?

変態が勢いを増す中、慧輝くんは部屋からあのパンツがなくなっていることに気づきます。誰がやったのか差出人は誰なのか。

ラブレターの差出人を探すため、最も可能性が高いと思っている、紗雪先輩の飼い主になると言い出します。

『一日ご主人様体験』をすることにした慧輝くん。紗雪先輩と一日デートです。少女漫画を参考に頑張ってご主人様を演じる慧輝くんはさすがの一言。

紗雪先輩はいつもの調子ですが、書道部で一人だった時のこと、そこに慧輝くんが入って来てくれたこと。

変わって今に至る彼女がデート終了後に言った台詞は、歪んでいるけど恋していました。256ページの日記で台無しだったんですけどねw。何でしょうね…主従日記って。いい雰囲気だったのに最後笑っちゃいましたよ。

2巻まとめ


というわけで2巻の感想・レビュー?でした。

変態が増えていく中で、書道部のメンバーもよりいっそう慧輝くんに襲い掛かって、ギリギリな?ところまで突入してきましたね。

そんな書道部のドタバタにたくさん笑いどころがあって、おかしくて笑っちゃって。小春先輩と秋山くんの恋愛に初々しさと、ときめくような甘さがありました。サブキャラでも花を咲かせる2巻。今回も面白かったです。

パンツが盗まれたけれど、いったい誰がラブレターの差出人なのか。今後どんな変態が増えていくのか。今後も楽しみですね。

以上、ラノ感でした!